リーフやホンダeに先駆けて投入された国産EVモデルも!

 日産リーフと販売台数は少ないながら話題になっているホンダeが中心となっている電気自動車(以下EV)だが、輸入車を含めると選択肢は意外に多い。今回は日本車とドイツ車からリーフとホンダe以外の日本で新車が買えるEVを簡単に紹介していこう。

1)三菱i-MiEV
(300万3000円、バッテリー搭載量16kWh、JC08モード航続距離164km)

 リーフに先行して登場したi-MiEVは法規対応のため軽自動車から登録車に移行し、現在も販売されている。車格を考えると高い価格など、2021年時点での商品力は非常に低いといわざるを得ないが、i-MiEVが日産&三菱からの登場が噂される軽のEVにつながるものとなることを望む。

2)三菱ミニキャブMiEV
(243万1000円から、バッテリー搭載量16kWh、JC08モード航続距離150km)

 ミニキャブMiEVはこの価格では高いが、100万円台後半の価格になればエネルギーコストとなるガソリン代と電気代の差で長期的にみればペイできる可能性が大いにあるのに加え、軽商用車は走行距離が短いことが多い、200V電源を設置しやすいケースも多いといった使用環境もEVとの相性がよく、日産&三菱による今後の発展を期待したいモデルだ。

3)メルセデス・ベンツEQC
(1080万円から、バッテリー搭載量80kWh、WLTCモード航続距離400km)

 ミドルSUVのGLCをベースとしたEV。ミドルクラス以上の電気自動車はバッテリーを大量に搭載するとEQCで車重が2500kgもあるなど、総合的に考えたエネルギー効率(≒資源の有効活用)に疑問が残るのも事実だ。

高いスポーツ性を誇る1000万円超のEVモデルも存在!

4)BMW i3
(499万円、バッテリー搭載量42.2kWh、WLTCモード航続距離360km)

 i3はリヤにモーターを積み、後輪を駆動するコンパクトEVである。カーボンボディの採用による軽量化や0-100km/h加速7.3秒という速さなど面白いクルマながら、価格など普遍性に欠けるのも事実だ。またi3には発電用エンジンを積み、燃料タンクは小さいながらも航続距離を大幅に伸ばせるレンジエクステンダーが、補助金を含めた実質的な差額約70万円で買える点もEVのi3には不利な状況なのは否めない。

5)アウディeトロン
(933万円から、バッテリー搭載量71kWh、WLTCモード航続距離316km)

 EVのラージSUVで完成度は非常に高いが、ベンツEQC同様に総合的なエネルギー効率に疑問が残るのも事実だ。

6)アウディeトロンスポーツバック
(1143万円から、バッテリー搭載量71kWh、WLTCモード航続距離318km)

 eトロンをクーペルックにしたよりスポーティな雰囲気を持つモデルで、機能面は基本的にeトロンに準じる。なおeトロンスポーツバックの輸入初期モデルは95kWhのバッテリーを積み、モーターもよりパワフルなものを搭載していた。

7)ポルシェ・タイカン
(1485万1000円から バッテリー搭載量79.2kWhから、WLTCモード航続距離333kmから)

 タイカンはポルシェのラージラグジュアリースポーツセダンであるパナメーラをEV化したイメージとなる、テスラ・モデルSに近い存在だ。現在のバリエーションはバッテリー搭載量が79.2kWhと93.4kWhがある4S、ターボ、ターボSの4つで、パフォーマンスはベーシックな4Sでも0-100km/h加速4.0秒、最高速250km/hと第一級のスポーツカー並みで、EVながらポルシェの名に恥じない高いスポーツ性も備える。