シンガポール海峡を通れる最大サイズが「VLCC」です。

東京タワーより長いタンカーが就役

川崎重工は2021年1月20日(水)、中国遠洋海運集団有限公司と共同運営する南通中遠海運川崎船舶工程有限公司(NACKS:江蘇省南通市)において、NEW STAR TANKERS S.A.(ニュースタータンカーズ・エスエー)向けの超大型原油運搬タンカー(VLCC)「YOHO(洋邦)」の引き渡しを実施しました。


川崎重工が中国江蘇省で建造したVLCCの「YOHO(洋邦)」(画像:川崎重工)。

「YOHO(洋邦)」は、川崎重工が独自開発した31万1000重量トン型VLCCの6番船で、全長339.5m、幅60.0m、深さ28.9m、総トン数16万2614トン、載貨重量31万2006トンです。乗員数は34名、船籍はリベリアとのことです。