iPhone版Facebookアプリに強制ログアウト現象発生。2要素認証のSMS届かず困惑する人も
NurPhoto via Getty Images

日本時間土曜日、iPhone版Facebookアプリがなぜか強制ログアウトされる現象が世界的に発生し、困惑したユーザーのツイートが一時Twitterのトレンドに上がっていました。

Facebookは本家Engadgetからの問い合わせに「Facebookへのアクセスに問題が生じていることを認識しています。これはサービス側の構成変更によるものと考えており、可能な限り迅速に正常化するよう取り組んでいます」と返答しました。

アプリを立ち上げたユーザーの一部は、アカウントへのアクセスを回復するために2要素認証をしなければなりませんでしたが、ログイン要求が殺到したためなのか、Facebookからの認証コードの受信に非常に時間がかかってしまい、代替手段としてIDの画像をアップロードしなければなりませんでした。また一部ユーザーはすっかりログイン用パスワードを忘れており、再ログインに手間取ったと報告していました。

インターネット上のサービスの稼働状態を監視するDownDetectorを参照すると、Facebookのサイトは日本時間1月23日のお昼前ごろから急激に障害報告が発生し、その後緩やかに報告件数は減少、記事執筆時点ではすっかり復旧しているように見えます。なお、記事執筆時点ではまだFacebookは大量ログアウトが発生した原因について明らかにしていません。