関東甲信ではきょう夕方からあすにかけて、平地を含めて大雪となるおそれがあります。雪の普段降らない地域で積雪の可能性があるため、警戒が必要です。

すでに雪に変わった所も

きょう23日の関東甲信地方は、本州の南にのびる前線の影響で雨が降り、標高の高い所を中心に雪に変わりつつあります。
関東甲信地方には北東から冷たい空気が流れ込んでいて、あすにかけて平野部にも冷たい空気が流れ込む予想です。

すでに気温は各地、昼間にも限らず段々と下がっていて、東京都心も午後3時前に5度を下回りました。
いまは雨の所も次第に雪に変わり、夜は平野部でも雪の積もるくらい降る所がありそうです。

平野部で大雪、都心も積雪か

あす24日にかけて、関東甲信地方では、平野部を含め広い範囲で大雪となるおそれがあります。
あす朝にかけて東京23区内でも、多い所で5センチほどの降雪が予想されており、東京都心でもうっすらと雪が積もるとみられます。

また、甲信地方や関東北部の山沿い、箱根や多摩、秩父では、20センチほどの雪が降る所もありそうです。
予想にはブレがあり、わずかな気温、降水域の変化で、雪の量が増える可能性もあります。最新の気象情報をこまめにご確認ください。

不要不急の外出は避けて

雪に慣れていない関東では、雪や路面凍結による転倒の危険や、少しの雪で車の立ち往生やスリップ事故が発生するおそれがあります。
道路の通行止めや公共交通機関の大規模・長時間の遅れや運休が発生することも考えられます。やむを得ず外出する際は、雪や路面凍結による転倒に注意するほか、車は冬用タイヤやチェーン等の早めの装着が必要です。
また、雪の状況によってはチェーン規制や広域の迂回の発生も予想されます。事前の交通情報の確認、時間に余裕を持った行動をお願いします。