導入が広がってますね〜。

広がるVisaのタッチ決済


北都交通の車両(画像:Visa)。

 北海道の北都交通およびビザ・ワールドワイド・ジャパンなど6社は2021年1月20日(水)、北都交通が運行する空港連絡バスに「Visaのタッチ決済」を導入すると発表しました。春からのサービス開始を予定しています。

 バスの乗降車時、車内に設置された読み取り端末にVisaのタッチ決済対応のカード(クレジット、デビット、プリペイド)や、スマートフォンなどをかざすことにより、運賃精算が可能になります。日本国内の利用者だけでなく、訪日外国人にとっても、母国で普段使っているカードを利用できることから、「ショッピングから移動までシームレスに日常生活をサポートする」ということです。

 Visaのタッチ決済は2020年から、これまで交通系ICカード非対応だったバス事業者やローカル鉄道などで導入が進むほか、大手私鉄の南海電鉄も鉄道への導入を検討するなど、公共交通における新しい決済手段として注目されているようです。

 なお、北都交通は札幌市内と新千歳空港や丘珠空港を結ぶ高速バスのほか、道内各地を結ぶ高速バスを運行していますが、具体的な導入時期や対象路線は、改めて発表するとしています。