掲示板ミクルに1月下旬、「年収1400では足りない妻」というスレッドが立った。スレ主は34歳の男性で、妊娠中の妻(32歳)と子どもが1人いる。夫婦ともに医師で、夫が1400万、妻が800万、世帯収入2200万円というパワーカップルだ。

一般的な感覚からすれば、夫の1400万円だけでも十分な高収入に見えるが、スレ主は妻が二人目を妊娠してから「子ども二人はお金がかかる」などと、収入が足りない不満をぶつけられている。そんな中、スレ主は1〜2年海外留学を希望。留学中は運が良ければ年収は300〜400万程度に、悪ければほぼ無収入になるが、終了後は1400万円に戻るとのこと。それを妻に話したところ、

「年収1400万でも足りないのに、1〜2年無収入に近いなんてあり得ない」

と、大泣きされてしまったという。(文:okei)

「嫁にする女性を選び間違えたって感じ」と厳しい声


国税庁の調査によれば、男性の平均年収は 540 万円なので、スレ主の収入は立派なものだ。しかし、妻はそういう世界で生きていない。妻の父は開業医で、"3000万のベンツと2000万のポルシェを持っているくらいの金持ち"だというから、本当に足りないのだろう。恐らく妻は、実家の経済レベルをそのまま子どもにも与えたいのだ。

スレ主は、実家の父と比較されているのかもしれないとこぼし、

「確かにお金は大事ですが、人生のすべてをお金稼ぎだけに注ぐべきとは思えず、妻との離婚を考えています」

として、この考えは間違っているますか?と問いかけた。

スレッドの回答は、妻に厳しい声が多数寄せられた。

「慰謝料養育費でしぼりとられそう。まずは湯水のように金を使っても足りないバカ娘からバカ嫁になった根性を叩きのめしてやりましょう」
「嫁にする女性を選び間違えたって感じ。奥さん、800万もありゃ主から養育費一切貰わず1人でも子育てやっていける額だわ」

などのほか、「結婚前に金銭感覚を確かめておけばよかったね。留学も結婚前に行けばよかったのに」という冷たい声も。

他方、「主人が医師です」という人は、海外留学の有用性を語った上で、「スキルアップ、出世にも関わるし自分なら行かせてあげますけどね。それだけ裕福なら休職中でもベビーシッター雇うくらい余裕でしょうに」と呆れている。夫はリスクの高い転職をするわけではなく、今後の仕事の糧になる経験を積もうというのだ。まったく理解されないのは悲しいだろう。

2人で、何にどれだけお金がかかるかを想定して話し合う必要

一方、相談する先を間違っているという指摘もある。経済的な立場が近い、知人の子持ち医師夫婦に聞いたほうがいいし、

「奥様は将来子供二人ともが医学部に入学したいと言って、学力的に私立しか行けないとなった場合のことを考えているかもしれませんよね」

と説いていた。離婚を考える前に、「2人で、何にどれだけお金がかかるかを想定して、そのためには今どうしないといけないのか」を話し合うことを勧めており、子持ちの筆者も同感だ。

文科省の発表によれば、幼稚園から高校までの15年間の学習費総額の平均は、すべて公立の場合は541万円だが、すべて私立の場合は1830万円となる。もちろんそこに大学費用も数百万円かかる。妻が考える教育水準はもっと高いものかもしれないので、よく話し合う必要がありそうだ。

また、コメントには「海外留学って子どもが小さいのに行くのですか?」という声も。海外留学も悪くはないが、投稿者は新しく生まれる命や子育てを念頭に置いている気配がない。具体的な教育費や子育ても考えないで「そんなに稼がなくてもいい」と言う夫も、どこか子どもっぽく感じてしまう。

回答には、「お互い間違っていない。ただ、話し合いでは埋まらない価値観だと思う」と悲しい感想を告げる人もいたが、子どもためになんとか冷静に考え、話し合いをしてほしい。