特別支援学校の教員、SNSに障害者差別の投稿「いない方がまし」

ざっくり言うと

  • 群馬県の特別支援学校の職員による差別的なSNS投稿について分かった
  • 60歳代女性教員がSNS上で障害者を差別する内容の投稿をしていたという
  • 教員は「障害者や犯罪者が子供でいたらいない方がまし」などと綴っていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x