トランプ氏を支持するアメリカ人にも目を向けなければならない(AFP=時事)

写真拡大

 アメリカの政権交代は、心配された暴動などもなく静かに行われた。バイデン新大統領は、就任初日から「脱トランプ政策」を急ピッチで進めているが、それを悲しい目で、口惜しい気持ちで見ている国民も少なくない。必ずしも過激派ばかりではない。ニューヨーク在住ジャーナリスト・佐藤則男氏が、日本人が見落としているアメリカ人の本音をリポートする。

【写真】いまも熱狂的なトランパーは多数。彼らは必ずしも過激派ではない

 * * *
 コネチカット州にあるウィークエンドハウスで、掃除や洗濯などの仕事を頼んでいるアンナという女性がいる。東欧からの移民で、年のころは50歳くらい。かれこれ15年ほど、今の仕事をお願いしている。

 とても朗らかな女性で、床に丁寧にモップをかけてくれる。よくはしゃぎ、甲高い声を出しながら家の中のことをやってくれるが、最近はおとなしいのが気になっていた。筆者がリビングのテレビで大統領選挙や政権交代のニュースを見ていると、元気なく片手でモップを押している。たまに手を止めて、じっとテレビを見ていることに気が付いた。横目で彼女の様子をうかがうと、またテレビをチラチラ覗く。画面にはトランプ前大統領が映っていた。

 思い切って聞いた。「あなたはトランパー(トランプ支持者)なの?」。図星であった。別に隠すことではない。なぜ筆者にも言わなかったのか、単刀直入に質問した。

「私は社会主義の国から亡命してきました。生まれた国を捨ててアメリカに逃げてきたのです。苦労してやっと滞在が許可されて、こうしてアメリカで暮らしています。アメリカは、自分たちで働き、食べていければ、あとは自由が勝ち取れます。すばらしい国です」

 アンナはそう言う。彼女には息子がいるが、すでに働いている。そして、来年は大学に進学するのだという。筆者はまず、「なにも隠れてトランプ氏の出ているテレビを見なくてもいい。見たければ堂々と見ていいですよ」と伝えた。アンナはやっと笑顔に戻り、熱心に見入っている。よほどトランプ氏がお気に入りの様子だ。「なぜトランプ氏をそんなに支持するのか」と聞いてみると、こんな答えが返ってきた。

「リベラル勢力に政権を取らせると、真面目に働いて、お金を節約し、家族の将来のために貯金している私たちから高い税金を巻き上げ、働かない人たちに配ってしまいます。そんなことを許してはいけないのです。

 私の生まれた国はロシアに支配され、私たちが貯めたお金を取り上げました。私たちは抗議デモをしました。そして、警察につかまりました。私は知り合いに騙されてデモに参加したことを打ち明け、なんとか釈放されました。それからアメリカにいた親戚を頼り、移民したのです。私の家族は皆、トランプ支持です」

 日本では、トランプ支持者は陰謀論や右翼思想に染まった人ばかりだと思われがちだが、それだけで国民の半数近くが支持することはあり得ない。アメリカでは、伝統的に社会主義的政策を嫌う人が多い。トランプ氏が極端な右寄りの政策をとったことで、民主党は逆に極端な左派が勢力を伸ばした。トランプ氏には問題があったにせよ、社会主義的な政府ができることを嫌い、トランプ氏に再選してもらいたいと考えていたアンナのような普通の国民も少なくないのである。

 だが、アンナには気になることがあった。東部のコネチカット州は、圧倒的に民主党が強い地域だ。我が家の近所も、民主党支持のリベラル派の牙城である。堂々とトランプ支持などとは言えないのである。アンナは言う。

「トランプ支持は隠さなければなりません。私たちはトランプ氏の集会に行きました。それが近所に知られ、それからあまり相手にされなくなりました。トランプ氏は私たちの言いたいことをズバリと言ってくれます。社会主義政権はアメリカをダメにします」

 彼女は、トランプ氏がテレビに出て話していると、ついどこでも自然にテレビの前に立ち、その演説を聞き入ってしまうというのだ。アンナは東欧出身だが、同じく社会主義の国から逃げてきたキューバ移民などにもトランプ支持者は多い。これも日本では誤解がありそうだが、移民や外国人が、必ずしも民主党支持ではない理由はさまざまある。

 アンナのケースのように、トランパーが自分たちの主義主張を全否定され、社会の隅に追いやられれば、ますます意固地になり、なかには危険な過激派になっていく者もいるだろう。仮にも国民の半数近くの支持を得てきた前大統領をあまり馬鹿扱いすべきではないのだ。人間の社会にも、作用反作用の力学が働くことを忘れてはならない。