アルプス山脈(2020年5月16日撮影、資料写真)。(c)PHILIPPE DESMAZES / AFP

写真拡大

【AFP=時事】フランスのアルプス(Alps)山脈にあるリゾート地を訪れた英国人観光客の一行のうち、少なくとも14人が新型コロナウイルス検査で陽性と判定されたと、地元関係者らが22日、明らかにした。一行はフランス入国に際し、陰性の検査結果を提示していたという。

 一行に対しては、英イングランドで発生したと考えられ、感染が急速に広がっている同ウイルスの変異株に感染しているかどうかを確認するため、さらなる検査が行われているという。

 地元保健当局はAFPに対し、一行の全26人に対する検査を実施したところ、うち14人が陽性で、まだ結果が出ていない人もいると明かした。現時点で入院者はいない。

 一行は、アルプス登山基地であるシャモニー(Chamonix)に近いバロルシーヌ(Vallorcine)の宿泊施設で隔離されている。違反者がいないよう、警察が警備に当たっている。

 地元ラジオ局は、一行は学生だと報じているが、訪問の目的は明らかになっていない。フランスでは、新型コロナウイルス対策でスキー場のリフトの運行が禁止されているため、アルペンスキーはほぼ不可能。しかしホテルは営業を続けており、スノーシューイングやクロスカントリースキーなどのウインタースポーツは認められている。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
スキー場の営業OK、でもリフトは禁止 仏政府指針にリゾート地激怒
スキー客感染のアルプスの村、住民の半数が新型コロナ抗体保有
違法パーティーに2500人、警察と衝突 コロナ拡散の懸念 仏