ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボ西郊イリジャで、天然温泉から流れ出た湯に漬かる移民ら(2021年1月21日撮影)。(c)ELVIS BARUKCIC / AFP

写真拡大

【AFP=時事】ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボ西郊イリジャ(Ilidza)で21日、近くの天然温泉から流れ出た温水に漬かる移民たちの姿が見られた。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
民族分断を超えて「共通スキーパス」 ボスニア・ヘルツェゴビナ
物議醸す「癒やしのピラミッド」 ジョコ訪問で注目 ボスニア
ストレス解消は温泉より凍結湖? アイスランドでじわり「熱い」セミナー