バイデン大統領は、自身の接種の様子を生中継した(写真/AFLO)

写真拡大

「今回のワクチン接種は人体実験だ!」「成分が不明なものを体に入れるわけにはいかない」。昨年12月から新型コロナワクチンの接種を始めたアメリカでは、そう抗議する人が増えている。ワクチンは“万能”ではない。メリットとデメリットを冷静に見つめ、正しい知識を得なければ、自分と家族の身は守れない──。

 ワクチンは世界の救世主になるだろうか。日本に先駆けて、世界各国で接種が始まった。アメリカでは24時間いつでも接種できる施設やドライブスルー型施設が設けられ、イギリスではサッカー場や競馬場が臨時の接種会場になった。

 その一方、早期の接種開始が待たれる日本では、水面下でこんなヒソヒソ話がかまびすしいという。

「ワクチン事情に明るい政府関係者や医療関係者の間では最近、『どのメーカーのワクチンがいちばん安全か』、『あのメーカーはやめておいた方がいいらしい』といった会話が盛り上がっています。知り合いの医師に『〇〇社製のワクチンを入手してほしい』と依頼する富裕層も少なくない」(医療関係者)

 私たち一般の日本人にとっては「いつ自分の分が回ってくるか」が関心の的。だが、すでに接種が始まっているアメリカやイギリスなどでは、市民が「どのメーカーのワクチンを打つべきか」で熱心に情報交換をしており、一部の耳が早い日本人もすでに意中の製薬メーカーを決めているのだという。

「日本には国民皆保険制度があり、医師に処方された薬をのむことに疑いを持つ人は少ない。しかし、海外では自分で薬を選ぶ場面も多いので、ワクチンも例外ではなく、消費者が厳しい目で比較検討します。たしかに日本人だって自動車を買うときにはメーカーはあれこれ選ぶのに、命を預けるワクチンの製造業者には無関心というのはおかしな話です」(医療ジャーナリスト)

 そもそもワクチンとはいかなるものか。

 私たちの体内に異物が侵入すると、それを攻撃する「免疫」システムが機能して、異物の侵攻を防ぐ「抗体」をつくる。ワクチンとは病原体の一部を人工的に体内に送り込むことで、免疫システムを動かして抗体をつくりだし、ウイルスなどの感染を防いだり、感染した場合の重症化を防ぐものだ。さらに、ワクチンによって抗体を持つ人が増えて「集団免疫」が確立され、感染拡大を抑えることも期待できる。

 新型コロナについては、日本政府は海外の製薬会社とワクチン供給の契約を結んでいる。具体的には、米ファイザー社(6000万人分)、米モデルナ社(2500万人分)、英アストラゼネカ社(6000万人分)の3社だ。この3社のワクチンは、すでに欧米を中心に接種が始まった。

 日本では1月中旬現在、ファイザー製のワクチンが承認申請中(モデルナ、アストラゼネカは今春以降の承認予定)。2月下旬にも医療従事者1万人に接種して、体調変化をみる安全性調査が行われ、その後、2月下旬から新型コロナの診療や搬送にあたる医師、看護師、救急隊員ら400万人の接種が始まる段取りだ。

 国際医療福祉大学病院内科学予防医学センター教授の一石英一郎さんが説明する。

「必要な医療従事者に行き渡った後、ようやく一般市民の番です。国の指示のもと、市町村が対象者に『接種券(クーポン券)』を送付し、接種者はそれを医療機関に持参して受ける仕組みです。対象者は、インターネットの専用サイトから居住地にある予約可能な医療機関を事前予約し、1人2回接種します」

 対象者の優先順位は「リスクの高い順」だ。

「3月下旬以降に65才以上の高齢者にクーポン券が配布されて、その後、基礎疾患を持つ人、介護従事者、60〜64才が接種対象になります。それらに該当しない一般の人へは4月以降が予定されています」(一石さん)

 対象者は当面、16才以上とする方針で、接種は原則として、居住地の市町村で行う。接種費用は、全額が国の負担だ。場所は医療機関のほか、体育館など公共施設の利用も予定される。

 なお、接種は義務ではない。政府はあくまで接種を推奨するだけだ。仕事の都合などで打たなければならない人もいるかもしれないが、基本的には打つか打たないかは個人の裁量だ。ただ、どう希望しても叶えられないことがある。

「原則として接種者は、どのメーカーのワクチンを打つかを選べません」(一石さん)

 自分で選べないことがなぜ問題かと言うと、ワクチン接種には少なからずリスクがあるからだ。

 歴史を振り返ると、1948年のジフテリア、1970年の種痘、2005年の日本脳炎など、ワクチンの副反応による薬害事件が何度も発生した。1976年にアメリカで発見された新型インフルエンザでは、約4000万人がワクチンを接種し、500人以上が副反応に苦しみ、30人が亡くなった。

 ゆえにワクチンを接種する際は徹底した安全性の検証が必要なのだが、詳しくは後述する通り、今回のワクチン開発は異例ずくめなので不安は拭えない。

 そうした副反応のリスクを考えると、「どのメーカーがつくったワクチンが安全なのか」という関心は自然に出てくるはずだ。そもそも、製薬メーカーは完璧に同じワクチンを製造しているわけではなく、それぞれ独自の手法でつくられていて、根本的な作用の仕方が違うものもある。間もなく日本人が接種することになるファイザー製、モデルナ製、アストラゼネカ製のワクチンでも、三者三様の特徴を持っていて、もちろん副反応のリスクも違うのだ。

 自分はどのメーカーのものを打つのか──それに関心を持たないわけにはいかない。

そもそもワクチンの“種類”が違う

 今回のワクチンが“前例にない”とよくいわれるのは、「開発スピードが異様に早い」からだ。医療経済ジャーナリストの室井一辰さんが指摘する。

「通常の医薬品なら3〜5年ほどかかるところ、今回は遺伝子情報が公開されてから、1か月以内に初期のワクチンがつくられました。これは過去に例のない早さです」

 ワクチンそのものの“種類”も異例だ。日本に供給されるファイザー製とモデルナ製のワクチンは「mRNAワクチン」、アストラゼネカ製は「ウイルスベクターワクチン」というタイプである。

「通常のワクチンは、弱毒化や無力化したウイルスを体に打ち込みますが、ファイザー製とモデルナ製のmRNAワクチンはウイルスそのものではなく、ウイルスの遺伝子情報を体に打ち込み、免疫反応を呼び起こすという仕組みです。

 また、アストラゼネカ製のウイルスベクターワクチンは、アデノウイルスという風邪ウイルスを無害にしたものに、新型コロナの遺伝子情報を組み込んだものを接種します。

 3社とも遺伝子情報を用いた珍しいタイプのワクチンであり、なかでもmRNAワクチンは世界初の試みで、人体にどのような影響が出るかの評価が完全に不透明です」(一石さん)

 保存温度も違う。一般にワクチンは低温下で管理、輸送、保存しないと使い物にならなくなってしまう。mRNAワクチンはファイザー製が氷点下70℃、モデルナ製が氷点下20℃で管理する必要がある。

「このタイプのワクチンは分子構造がとても不安定なため、超低温で正確に管理しないと劣化し、効き目がなくなったり、思わぬ副反応を起こしたりする可能性があります」(一石さん)

 厚労省はファイザー製用の冷凍庫だけで1万台を確保して、人口比に応じて全市区町村に配分する予定だ。

 一方、アストラゼネカ製は2〜8℃という冷蔵庫並みの保存温度で大丈夫だという。

 肝心の効果はどうか。ワクチン接種で病気になるリスクがどれだけ減ったかを指す「有効性」は、ファイザー製95%、モデルナ製94.5%、アストラゼネカ製70%。一般にインフルエンザワクチンの有効性は50%程度とされるので、特にファイザー製とモデルナ製の“好成績”が際立つ。

 注意すべき点は、前に触れた通り、副反応だ。米CDC(疾病対策センター)がファイザー製のワクチンを接種した約190万人を調べたところ、21人がアレルギー反応のアナフィラキシーを起こした。同様の症状がワクチン接種後に起きる割合は一般に100万人に1人とされるが、今回は集計時点で9万人に1人の割合だった。

「またアストラゼネカ製の場合、ワクチンに含まれるアデノウイルスへの免疫反応が発生して、ワクチンの効果がうまく出ない可能性が指摘されています」(室井さん)

 ワクチンの安全性や有効性をしっかりと見極める必要がありそうだ。

※女性セブン2021年2月4日号