英イングランド南西部サマセットで2019年に開催された世界最大級の野外音楽祭「グラストンベリー・フェスティバル」(2019年6月29日撮影、資料写真)。(c)Oli SCARFF / AFP

写真拡大

【AFP=時事】英国で毎年夏に開催される世界最大級の野外音楽祭「グラストンベリー・フェスティバル(Glastonbury Festival)」の主催者は21日、新型コロナウイルスの大流行を理由に、2021年の開催を断念したと発表した。中止は2年連続。

 親子で主催者を務めるマイケル・イービス(Michael Eavis)氏とエミリー・イービス(Emily Eavis)氏は、ツイッター(Twitter)上で中止を発表し、「天地を動かそうと尽力したが、今年のフェスティバルはどうしても実現できないことが明らかになった」と説明した。

 イングランド南西部の農場で開かれるグラストンベリー・フェスティバルは昨年、初開催から50周年を迎えたが、新型コロナ感染拡大に伴う規制によって中止に追い込まれた。記念開催のチケットはすでに13万5000人が購入していた。

 今回の中止発表を受け、購入済みチケットは2022年開催に繰り越される。

 英音楽業界団体「UKミュージック(UK Music)」によれば、グラストンベリーが地域にもたらす経済効果は1億ポンド(約140億円)を超える。

 中止発表に先立ち、UKミュージックは今月、新型コロナの影響でライブイベント業界が壊滅的な打撃を受けており、夏の音楽フェスティバルが永遠になくなる恐れがあるとして、英政府に支援拡大を求めていた。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
菅首相が東京五輪開催に「決意」 英紙の大会中止報道受け
東京五輪の「プランBはない」 IOCバッハ会長が明言
英音楽フェス「存続の危機」 業界団体、政府に支援拡大要請