イングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・シティのセルヒオ・アグエロ(2020年11月21日撮影)。(c)NEIL HALL / POOL / AFP

写真拡大

【AFP=時事】イングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・シティ(Manchester City)のFWセルヒオ・アグエロ(Sergio Aguero)が21日、新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したため、自主隔離していると明かした。

 シティの最多得点記録保持者である32歳のアグエロは、陽性者と濃厚接触したためすでに隔離していた。

 相次ぐけがによりわずか3試合の先発にとどまるなど、フラストレーションのたまるシーズンを送っているアグエロは「濃厚接触の後は自主隔離してきたが、直近の検査で新型コロナウイルス陽性だった」とツイッター(Twitter)に記した。

「症状がいくつかあり、回復に向けて医師の指示に従っている。皆さんも気をつけて!」

 アグエロを欠く中でもシティは好調で、20日のアストン・ビラ(Aston Villa)戦に2-0で勝利し、公式戦9連勝を挙げた。

 ここ数か月、感染力が高いとみられている変異種が国内各地で発見されたことを受け、英国では3度目となるロックダウン(都市封鎖)の措置が取られている。

 シティはここ数週間で選手とスタッフ計11人が陽性反応を示すなど大打撃を受けており、前月末に予定されていたエバートン(Everton)とのリーグ戦は延期を余儀なくされていた。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
コロナ禍続くシティ、アグエロが感染者と濃厚接触で隔離
得点後の抱擁は「愚か」 英議員がサッカー選手を批判
プレミア、新規陽性16人に減少 リーグ中断の懸念和らぐ