米国の首都ワシントンで行われた大統領就任式で、ジョー・バイデン新大統領(右)の肩に手を置く妻のジル氏(2021年1月20日撮影)。(c) Kevin Dietsch / POOL / AFP

写真拡大

【AFP=時事】米国のジョー・バイデン(Joe Biden)新大統領はホワイトハウス(White House)入りしたことで、別の健康維持法を探さなくてはならなくなるかもしれない。愛用のエクササイズバイク「ペロトン(Peloton)」について、セキュリティー上の懸念が指摘されているからだ。

 バイデン氏のエクササイズバイクは、米フィットネス機器のぺロトン・インタラクティブ(Peloton Interactive)の製品。専門家らが米メディアに説明したところによると、自宅にいながらライブレッスンに参加するためのインターネット接続やカメラとマイクなど、ペロトンの主要機能の一部が、ホワイトハウスのセキュリティー上の問題になる可能性がある。

 米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)によると、バイデン氏はデラウェア州の自宅では、ウエートトレーニング、トレッドミルやペロトンのエクササイズバイクなどを使った運動を朝の日課にしていた。

 新型コロナウイルス禍で自宅での運動が流行する中、ペロトンはフィットネス愛好家以外にも大人気となっている。

 テキサス大学サンアントニオ校(UTSA)准教授でサイバーセキュリティー専門家のマックス・キルガー(Max Kilger)氏は米技術誌ポピュラーメカニクス(Popular Mechanics)に対し、インターネットに接続されていれば、たとえファイアウオールや不正侵入検知ソフトウエアが導入されていたとしても、非常に優秀で技術がある人物なら回避可能だと説明した。

「ペロトンを本気で安全なものにしたいなら、カメラとマイクとネットワーク装置を引き抜けばいい(中略)つまり、退屈なバイクになる」とキルガー氏は述べた。

 米IT系ニュースサイト「ザ・バージ(The Verge)」が2017年に報じたところによると、元ファーストレディーのミシェル・オバマ(Michelle Obama)氏はホワイトハウスでペロトンを使っていたが、カメラとマイクを外していたという。

【翻訳編集】AFPBB News■関連記事
バイデン氏、新STARTの5年延長目指す 米ロ間に残る唯一の核削減条約
米入国時の隔離義務化 バイデン氏、コロナ対策の大統領令
動画:バイデン米大統領、就任の一日を映像で振り返る