フワちゃん

写真拡大

 フワちゃんの株が最近急上昇している。年末のデヴィ夫人へのドッキリで見せた気遣いや、オードリー・春日さんと挑んだエアロビクス企画での一生懸命さに心を打たれる人が続出。「実はマジメ」「実はやさしい」と連呼されている。

フワちゃんのタメ口に「アンタ柴田」が苦言 ヒロミを思い出すスタッフの心配事

 しかし、マジメなだけで芸能界の荒波は渡れない。マジメに頑張ってきた子ほど報われない、と、引退した元AKB48のまゆゆこと渡辺麻友さんも言っていたではないか。ではフワちゃんの強さにつながるマジメさは何かといえば、「マジメに損得勘定ができる」ということではないか。生き残るのに必要なのは、優しさではなく冷たさではないかということだ。

フワちゃん

 ただただ全力で頑張るのではなく、ここぞという時に手を抜かない。むしろ、どこが勝負どころかそうでないかを見極めている冷たさが、あの人気を支えていると思うのだ。

 もとは指原莉乃さんの友達ということでテレビに起用され始めたフワちゃん。最初はうるさい、不快、と言われながらも、大物の懐への飛び込み方がすごかった。特に目を見張ったのは、大物女性タレントの転がし方である。黒柳徹子さんには「徹子かわいい〜」と言って徹子さんの頬を緩ませ、和田アキ子さんには「ネイルクイーンおめでとうの電話きた、アッコやさしい」とアッコさんの陰の気遣いを大っぴらにして見せる。フワちゃんの人気が使えると思ったか、小池百合子都知事からもラブコール。対談動画を経て、「小池さんはフレンドリーで、すっかり友だちになっちゃった」と都知事の人柄をアピールしていた。そして自身のコスプレをするデヴィ夫人には、「寒くないよう上着を着て」「無理しないで」と気遣い、フワちゃん以上に忖度なしの夫人からも「好きになっちゃった」との声を引き出す。

 こうして並べてみて思うが、それぞれの大物が一番気にしていそうなところをケアする観察眼がすごい。エキセントリックな徹子さんには「可愛げ」を、野蛮だと言われがちなアッコさんには「優しさ」を、計算高いイメージの都知事には「親しみやすさ」、そして特別扱いをされたいデヴィ夫人にはVIP待遇を。こうしてフワちゃんの大物女性ネットワークは安泰になった。

 彼女は頭が良い、とダウンタウンの松本人志さんも褒めていた。唯一失敗したのはあのローラとの対談くらいだろう。ただ、ローラは今や海外が拠点。日本のテレビ界の大物というわけではないから、別によかったのではないか。今ではネタとして十分に活用しているし、元は取れたと言うべきだろう。

NGなしでもデヴィ夫人のパーティー報道には沈黙 明るさと冷たさのバランス感覚

 NGなしということで、さまざまなチャレンジ企画に体当たりで挑み、笑いすぎて生放送中に漏らすこともあったフワちゃん。しかし、それだけ何でもありというイメージで売っていても、意外とお世話になった先輩たちの苦境には、我関せずという姿勢も感じられる。

 例えば最近では、コロナ禍で90人超のパーティーを開催したデヴィ夫人が炎上した。夫人の影響力もあって、表立って批判するタレントは少なかったものだ。こういう時こそ怖いもの知らずのタレントイメージを利用して夫人を気遣うかなと思いきや、沈黙を守っている。友達には小池都知事もいるし、どっちの肩も持ちづらいのかもしれない。かつて親友の指原さんは、セクハラ発言をしてきた松本さんに「松本さんが干されますように!」とさらしあげて見事にチャンチャンとおさめていた。その力量を思うと、フワちゃんの沈黙はちょっと物足りない気さえする。

 一方、お店のパンケーキを潰す動画を上げた加藤紗里に対しては、「加藤紗里、ブ〜!」とブーイングして笑いをさらっていた。同じ炎上でも、相手を見極めて叩く。長い目で見て、自分が損しそうな大物は叩かない。フワちゃん、すごくきちんと計算しているんだなあと改めて感じたものである。

 うるさいほどの明るさの陰にある、静かで冷たい計算。総じて、芸能界で成功する人たちは、マジメなだけでなくマジメな駆け引きを心掛けているというのが正解なのだろう。死角なしと思われるフワちゃんだが、あと根回しが必要な大物女性タレントといえば上沼恵美子さんくらいか。と思ったら、「あたし上沼恵美子とは芸人の趣味合うよ」と、しっかりTwitterでエサをまいていた。さすがに恵美子師匠ともなると、そんな見えすいたエサには引っかからないと思うがどうだろうか。フワちゃんが一発屋で終わるか終わらないかは、最後の砦・上沼さんと上手く駆け引きができるかできないかにかかっている気がする。

冨士海ネコ

2021年1月22日 掲載