気圧や湿度、温度を感知できる自作のインプラント「ウェザーフィン」を埋め込んだサイボーグ・アーティスト、マネル・デ・アグアスさん。スペイン・バルセロナのビーチで(2021年1月12日撮影)。(c)Josep LAGO / AFP

写真拡大

【AFP=時事】スペインのサイボーグ・アーティスト、マネル・デ・アグアス(Manel De Aguas)さん(24)。「種の超越」を自認し、気圧や湿度、温度を感知できる自作のインプラント「ウェザーフィン(Weather Fins)」を頭蓋骨の両側面に埋め込んでいる。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
自身を「アップグレード」するバイオハッカーの試み ロシア
思考を音声に変換、脳内埋め込み型機器を開発 米研究
下半身まひの患者、埋め込み型機器で歩けるように 米で画期的成果