米国のドナルド・トランプ前大統領(左)とジョー・バイデン新大統領(2021年1月15日作成)。(c)JIM WATSON and Angela Weiss / AFP

写真拡大

【AFP=時事】(更新)米国のジョー・バイデン(Joe Biden)新大統領は20日、ドナルド・トランプ(Donald Trump)前大統領が伝統に従い、大統領執務室(Oval Office)に手紙を残していたと明らかにした。

 バイデン氏はホワイトハウス(White House)で記者団に対し、「トランプ前大統領が非常に寛大な手紙を書いた」と語った。「プライベートなものなので、トランプ氏と話すまで手紙については話さない」

 トランプ氏は、大統領選での勝利についてバイデン氏に正式に祝辞を贈っておらず、慣例に反してバイデン氏の就任式を欠席。退任する大統領が後任に手紙を残す伝統を守るかどうかは、当日まで不透明だった。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
「民主主義が勝利した」 バイデン米新大統領が就任演説
中国、ポンペオ氏らトランプ政権高官に制裁 「主権」侵害と外務省
【写真特集】トランプ政権下の米国、激動の4年間を振り返る