自由化で…?国民に知らされない「都市ガス」のヤバすぎる変化

写真拡大 (全4枚)

エネルギー戦国時代。都市ガスの自由化によって、業界は大変革の時期を迎えました。日ごろ何気なく使っている「ガス」の知られざる裏側とは…!?  ※本記事では『エネルギー戦国時代はプロパンガスが制する』(幻冬舎MC)より一部を抜粋し、解説していきます。

加速する値下げ合戦…自由化でガスが大変なことに

■激変するエネルギー業界の勢力図

2017年のガス小売自由化によって、都市ガスの購入先は消費者が自由に選べる時代となりました。日々の光熱費を1円でも安くしたい消費者にとって、競争の原理で電気やガスなどの利用料金が下がることになる自由化は歓迎すべき事態といえます。一方、電力やガスを提供する側にとっては、熾烈(しれつ)な光熱費の争奪戦がスタートしたことを意味します。

仁義なき戦いが起きていた…(※写真はイメージです/PIXTA)

他社よりも安く、お得なプランを打ち出すことで既存顧客の流出を防がなければなりません。さらに付加価値を高めていくことで、他のエネルギーを利用していた顧客の乗り換えを促し、業界で生き残らなければなりません。エネルギー業界はかつてない戦国時代へ突入しているのです。

ガス自由化に向けた競争は、自由化がスタートする以前からはじまっていました。関西電力は2016年12月に、大阪ガスよりも利用料が安くなるガス料金プランを発表しました。それを受けて大阪ガスは2017年初頭には対抗プランを発表。すると関西電力はわずか1週間後、さらに割引幅を拡大すると発表しました。そして、このような争いは、今では全国各地で繰り広げられています。

■都市ガスとプロパンガス

ガスの自由化は電気とひとくくりにされることが多いのですが、実は両者は市場構造が大きく異なります。旧一般電気事業者が10社ほどあるのに対し、都市ガス事業者は全国で約200社。東京ガス、大阪ガス、東邦ガスといった大手企業も存在しますが、ほとんどが従業員100人以下の中小企業です。それぞれの企業が限られた供給区域を担当しているという構造です。

現在、一般家庭で使われているガスは、都市ガスとプロパン(LP)ガスに大別されます。利用する側としては、どちらもガスコンロのスイッチを捻ひねればつく「火」の燃料に変わりないという印象を持ちますが、都市ガスはガス管を通って供給されるため、ガス管が届いているエリアでしか利用することはできません。全国にネットがある、電気を供給する送電線と比べると、まだまだ整備が行き届いているとはいえない状況です。

驚愕「都市ガスとプロパンガス」成分も違っていた…⁉

人口が密集している中枢都市部にはかなりの割合でガス管が整備されていますが、人口密度の低い山間地などでは都市ガスを利用することはできません。極端にいうと、都市部を中心に地中に張り巡らされたガス管を通って利用者のもとに届く都市ガスと、専用の容器に液体ガスの形で詰められて利用者のもとに届くプロパンガスに分けられます。

供給の仕方だけでなく、都市ガスとプロパンガスでは成分も違います。都市ガスの成分は、メタンを主な成分に持つ天然ガスと、海外から輸入する液化天然ガス(LNG)で、プロパンガスはプロパン・ブタンを主成分に持つ液化石油ガス(LPG)になります。

ほかにもいくつかの違いがありますが、いずれにしても、ガスは、電気とならび人々の生活を支えるエネルギーであり、「ライフライン」といわれるほど公共性の高い、インフラであることに変わりはありません。

■ガスエネルギーの歩み

日本で本格的にガスエネルギー事業がはじまったのは、明治時代の初期です。1872年(明治5年)に、実業家の高島嘉右衛門(たかしまかえもん)がフランスから技師を招いて最初のガス灯を作り、神奈川県横浜市の大江橋から馬車道あたりを照らしたのです。

一般家庭では石油ランプを使っていた時代に現れたこの文明的な照明は、当時の人々に大変な驚きもって迎えられ、付近は見物客で賑わったと伝えられています。その2年後、1874年には東京、銀座の街にもガス灯がともされました。

室内照明としてガスが使われるようになったのは、1880年代初期です。その後はどんどん普及していき、ガス管もエリアを徐々に広げ、湯を沸かしたり、料理をしたり、さまざまな用途に使われるようになりました。

1900年代以降はさらに多種多様なガス器具が生まれます。現在のガスレンジの前身ともいえるガス七輪は、強火、弱火の調節ができて、当時としては画期的なものでした。そのほかにも、ガスストーブ、ガスパン焼き器、さらにはガスアイロンなどが次々と作られました。

なぜこんな差が…「都市ガス自由化」の知られざる裏側

一方、プロパンガスが一般家庭で利用されるようになったのは1953年頃です。この頃の都市ガスはエリアも狭く、カロリー(熱量)もプロパンガスの約4分の1ほどでした。これに対して、都市ガスのエリア外でも利用でき、都市ガスと同様に簡単に火がつくプロパンガスの利便性は利用者にとって新鮮でした。プロパンガスは爆発的に一般家庭に普及し、1960年代には全国の家庭の54%が利用するほどになったのです。

■都市ガス自由化の背景

2017年4月1日、都市ガスの小売りが全面的に自由化されました。それまでは、関東エリアの東京ガス、中部エリアの東邦ガス、関西エリアの大阪ガス、九州エリアの西部ガスの四大事業者をはじめ、北海道ガス、北陸ガス、広島ガスといった準大手の都市ガス会社が、事実上ほぼ独占的に販売を行ってきました。各エリアに住む人は、原則的に、そのエリアの都市ガス会社しか選べなかったのです。

四大事業者は、都市ガスの主原料となっている液化させた天然ガス、LNG(Liquefied Natural Gas)の基地を所有し、広範囲にガス管を張り巡らせており、同様に準大手の事業者もLNG基地を持っています。

自由化前の2016年度、都市ガスの販売量の比率は、東京ガス約37.7%、大阪ガス約23.3%、東邦ガス約10.4%、西部ガス約2.3%。四大事業者といわれているものの、大手3社で日本全体の約7割のシェアをカバーしている状況でした[図表1]。

[図表1]都市ガスの販売量 全国に占める構成比(2016年度) 出典:日本ガス協会

一方、都市ガスの事業者は全国に200以上あり、その8割以上は従業員が数十人の中小企業です。

なぜここまで大きな差が生まれているかというと、これまでは、国策として少ない事業者が独占していたほうが効率がよいと考えられていたからです。ガス管を整備するための設備投資は、コストがとても高くつくため、スケールメリットを考えた際に、なるべく少ない事業者に独占させることが、結果的にコストを抑えることになったのです。

そうなると当然、都市ガスの市場はごく限られた大手事業者に独占されていくことになります。こうした状態を、自然独占といいます。

また、都市ガスの価格は、自由化以前は、国が審査して許可した総括原価方式によって決められていました。総括原価方式とは、製造と供給に必要な費用と料金が等しくなるように計算され、そこに一定の利益を上乗せして価格を決める方式で、ガスのほか、自由化になる前の電気、水道など公共性の高いサービスに適用されています。

仁義なき戦いがはじまった…一方、プロパンガスは?

このシステムのもとでは、事業者が大きな利益を出すこともありませんが、大きな損失を出すこともないため、安定した供給を行うことができるのです。また、値下げは自由にできても、国の許可なく値上げはできないので、消費者にとっても過大な料金を負担しなくていいという安心感があります。

しかし、この方式では、供給にかかる費用が担保されるため、事業者が経営効率化の努力を怠りがちになったり、過剰な設備投資を行ったりするなどの懸念もありました。ましてや自然独占が起こっている業界では、大手企業が既得権益にあぐらをかいていると思われても仕方のない状況があったのです。

[図表2]都市ガスの料金の総括原価方式 (※1)「事業報酬」とは、資本調達コスト(借入利息、株主配当など)(※2)「控除項目」とは、営業雑益、雑収入など出典:資源エネルギー庁「ガス料金について」(2013年)より作図

自由化によって、価格競争が起こり、消費者はよりよいサービスをより安く受けることができるようになりました。既存の都市ガス会社に限らず、新規参入する会社を含めて、どこからガスを購入するのか、自由に選べるようになったのです。これにより、事業者はこれまで以上に経営の効率化やサービス向上といった企業努力を余儀なくされ、市場原理により淘汰(とうた)されるところも出てくるでしょう。

バブル経済崩壊やリーマン・ショック後の不景気の影響をそれほど受けず、常に均衡を保ち安定していた業界が、今まさに、群雄割拠の戦国時代に突入したといっても過言ではないのです。

■仁義なき戦いがはじまった

自由化以降、ガスのマーケットには大手電力会社が参入し、それ以外にもガス業界に可能性を感じている企業は虎視眈々と準備を進めています。ガス利用者の犖熱費瓩鬚瓩阿訐錣い呂垢任砲呂犬泙辰討い泙后2饉劼砲茲辰討蓮∨楝里箸呂泙辰燭別の社名で、営業専門のブローカーのような、ちょっと乱暴ないい方ですが牋徳甓饉劼鮑遒蝓⊃竜舛覆営業を仕掛けているところも出はじめています。

また都市ガスの自由化により、プロパンガス業界にも、大きな影響が及んでいます。前述の通り、プロパンガスの供給形態は、都市ガスのようにガス管を通って自動的に運ばれる集団供給ではなく、利用者の家の一軒一軒に、重いボンベを運搬しなければならない個別供給です。そのビジネススタイルは、泥臭い商売といえます。営業も、一軒一軒飛び込まなくてはなりません。都市ガスと比べて効率的とはいえないのです。

ガス自由化で「変わったこと」「変わらなかったこと」

そのため、プロパンガスの販売店や大手以外の小規模プロパンガス会社は戦々恐々としています。これまでのライバルであった都市ガスに、大手電力会社や未知のエネルギー企業が続々と参入してくれば、ガス管はみるみるうちに拡大してしまうのではないか。そうなれば、現在プロパンガスを利用している家庭も、すぐに都市ガスへ移行してしまうのではないか……と、プロパンガス業界に明るい未来を描けなくなっているのです。

現在、ガス導管が整備されているエリアは、およそ2700万世帯です。それに対して、プロパンガスを利用しているのはおよそ2400万世帯なので、それほど大きな差はありません。

しかし、自由化によって、都市ガスを取り巻く環境は大きく変わりはじめました。今後、利用者の光熱費をめぐる仁義なき戦いがプロパンガス業界へ飛び火するのは時間の問題で、なにが起きても不思議ではない状況なのです。

■都市ガス自由化のねらい

都市ガスの自由化では、すでに敷設されているガス管を使って、新規の会社もガスを供給・販売できるようになっています。「安全・安心はそのままに都市ガスも選べる時代へ」これが、都市ガス自由化へ向けて経済産業省が掲げていたキャッチフレーズです。そして、都市ガス自由化の大まかな内容は次の通りです。

ー由化によって変わること

●都市ガスを供給する会社であれば、消費者は自分が使うガス会社を自由に選べるようになった。

●各都市ガス会社が提供する複数の料金設定、ガス器具とセットになったパッケージなどから、自由に選べるようになった。

⊆由化になっても変わらないこと

●利用するガス管をはじめ設備は従来通り。

●新規の都市ガス会社を選んでも、定期保安点検、緊急時の対応などは、原則同じ。

●ガスそのものの品質はこれまでと同じ。

では、経済産業省ひいては国はなにを目指して、都市ガスの自由化を行ったのでしょうか。

まず、都市ガスに先立って2016年4月に行われた電力の自由化とあわせ、日本のエネルギーシステムを改革することが挙げられます。四大事業者中心の従来のシステムのままでは、競争の原理がほとんど働きません。それでは、新しい技術、新しいサービスはなかなか生まれません。業界の垣根を越えた協力も生まれません。そこで、エネルギー業界全体の活性化を図ろうとしたわけです。

同時に、利用者サイドに選択の自由を提供することで、エネルギーへの意識が高まり、どんな事業者、どんなサービスを利用すればお得になるのか、どんなエネルギーが地球環境にとってよりよいのかなどを考えるようになります。そうなると、ガス事業者に対する要求もこれまで以上に増えることになります。

「おたくには割引プランはないの?」

「△会社のプランに乗り換えたら、今よりお得になりそうなんだけど、おたくには割引プランはないの?」

などと要求があれば、事業者としてはその要求に応じていかなくてはなりません。他社との競争に敗れるからです。要求があればまだいいほうで、大概の利用者は今の事業者に相談なく、よりお得なほうへ流れていくのです。ここに利用者と事業者によるプラスのスパイラルも生まれます。

次に、保安の強化です。ガス業界に限っていうと、新規参入会社によって、ガス管をはじめとする各設備の開発競争が起こり、より先進的なガス供給インフラシステムが生まれるきっかけとなります。他業種の参入はイノベーションも引き起こすのです。競争の原理によって、ガス料金が抑えられるため、国民の生活の向上も意識しているはずです。

ガスや電力といったエネルギーは、現代人にとってなくてはならないものです。誰もが食事もすれば、入浴もする。毎日必ず使わなくては生活できません。それらのコストを抑えることによって、国民の消費を促す目的も、自由化にはあるはずです。