歩いて病院にいった持病のある陽性男性 入院不要と判断されるも翌日死亡

ざっくり言うと

  • 広島市で2020年12月、新型コロナに感染し自宅療養中だった男性が亡くなった
  • 持病のある60代男性で、病院は自力で歩行できることなどから入院不要と判断
  • 男性はいったん帰宅したが、翌日に自宅で死亡が確認された

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x