米連邦議会議事堂で行われた大統領就任式で、就任宣誓するジョー・バイデン新大統領(2021年1月20日撮影)。(c)Brendan SMIALOWSKI / AFP

写真拡大

【AFP=時事】(更新)米民主党のジョー・バイデン(Joe Biden)氏が20日、就任宣誓を行い、第46代大統領に就任した。

 78歳のバイデン氏は史上最高齢かつ、カトリック教徒で史上2人目の米大統領となった。

 就任式ではバイデン氏に先立ちカマラ・ハリス(Kamala Harris)新副大統領も就任宣誓を行った。インドとジャマイカ出身の両親を持つハリス氏は、女性としてこれまでで最高位の役職に就いた人物となるとともに、非白人で初の副大統領となった。

 昨年の大統領選で敗北したのは不正があったからだとの誤った主張を2か月にわたり繰り返してきたドナルド・トランプ(Donald Trump)前大統領は、式典を欠席。現大統領が後任の就任式を欠席するのは152年ぶりとなった。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
ガガさんが国歌独唱 バイデン氏就任式、J・ローさんも歌唱
【写真特集】トランプ政権下の米国、激動の4年間を振り返る
「民主主義が勝利した」 バイデン米新大統領が就任演説