韓国メディアThe Elecによれば、LG DisplayはiPhone液晶ディスプレイの生産を停止し、生産ラインを自動車向けに転換したようです。

生産ラインは既に、自動車用に転換済み

LG Displayは2020年第3四半期(7月〜9月)にGumi(亀尾市)工場のAP3ラインで行っていたiPhone用液晶ディスプレイの生産を停止、第4四半期(10月〜12月)にはiPhone以外の機種向けの生産も終了したようです。
 
LG DisplayにおいてiPhone用液晶ディスプレイの採算性は低く、今後は有機EL(OLED)ディスプレイの供給に注力する見通しです。
 
LG Displayがこれまで液晶ディスプレイを生産していたラインは自動車向けに転換、9インチサイズ以上の自動車用ディスプレイ市場でのシェア拡大を目指すと予想されています。

iPhone SE(第2世代)用の液晶ディスプレイは、JDIとシャープが供給

The Elecによれば、2021年内にはOLEDディスプレイ搭載iPhoneの売上が、液晶ディスプレイ搭載iPhoneの売上を上回る見通しとのことです。
 
LG Displayに代わり、iPhone SE(第2世代)用の液晶ディスプレイの供給は、JDIとシャープが担っていると、同メディアは報じています。
 
 
Source:The Elec
(FT729)