デンマーク・オールボーで新型コロナウイルスワクチンの接種を受ける女性(2021年1月18日撮影、資料写真)。(c)Henning Bagger / Ritzau Scanpix / AFP

写真拡大

【AFP=時事】デンマークは19日、新型コロナウイルスワクチンの優先接種の対象にホームレスの人々も含めると発表した。慈善団体や議員らからの呼び掛けに応じた形だ。

 デンマークは先月27日から同ワクチンの接種を開始。現時点で、欧州連合(EU)加盟諸国の中で人口当たりの接種率が最も高い国の一つとなっている。

 同国の戦略では、接種対象を12のグループに分類。居住地域によっては例外があるものの、現在優先度の高い5グループの接種が進められている。

 社会・内務省は「特にリスクが高いホームレスや社会的弱者はカテゴリー5として接種を行う」と発表した。

 福祉機関などによると、デンマークにはホームレスが約6500人いるとされ、慈善団体や議員らから、ホームレス間の感染リスクの高さが指摘されていた。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
ワクチンと接種後の死亡「因果関係証明されていない」 ノルウェー
「モラル崩壊寸前」 WHO事務局長、富裕国のワクチン独占を非難
殺処分のミンク400万匹掘り起こしへ 環境汚染懸念 デンマーク