馬ふんを体になすり付けるパンダの謎行動 温度感覚鈍らせる物質を利用

ざっくり言うと

  • 野生のジャイアントパンダは冬にしばしば、馬ふんを体になすり付ける
  • この行動の謎を中国科学院動物研究所などの研究チームが解明
  • 排せつしたての馬ふんには、温度感覚を鈍らせる物質が含まれているという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x