17日(日)、バナナマン・日村勇紀がMCを務める「日村がゆく 芸能界大妄想2021」がABEMAにて放送。M-1グランプリ2020王者のマヂカルラブリーが「勝ちルートは見えていた」と“作戦勝ち”のM-1制覇だったと振り返った。

▶映像:マヂカルラブリー、M-1優勝は全て計算通りだった!秘策を明かす「勝ちルートが見えた」

 2020年のM-1グランプリを振り返る“お笑いサミット”で、マヂカルラブリーの野田クリスタルと村上は「勝ちルートは見えていた」と豪語。野田は「M-1は普通、準決勝でやったネタを1本目に持ってくる。僕らはあえて2本目にした」と定番を覆し冒険に出たことを告白した。

 というのも、野田がM-1の1本目、2本目で披露したネタについて、強さと弱点を分析し、“勝利の方程式”を導き出していたから。野田は「(最終決戦で披露した)『吊り革』が今年一番良かったネタ。だけど、あれを1本目でやると、食いつきが良くないことが多いんです」と語り、村上も「びっくりさせちゃうので」と、観客が理解するのに時間がかかると説明した。

 逆に、1本目で見せた「高級フレンチ」のネタは、「1発目が絶対ウケる」「どこでやってもスベったことがない」ネタなのだそう。「ただ、尻すぼみのネタなんですよ」と弱点を明かし、「『面白かったけど後半弱かったよね』だと勝てない」と予想した。さまざまな状況をシミュレーションした上で、野田は「(『高級フレンチ』で)最終決戦に残って、『もう行った』と思いました。最終決戦まで行けば、残しておいた『吊り革』がやれるので」と、まさに作戦がハマったとガッツポーズ。野田は1週間前の打ち合わせの時点で、スタッフに「勝ちルート、これしかないっしょ」と宣言していたという。

 その宣言通り、マヂカルラブリーは見事優勝。野田は「完全にハメてました。計算通り」とドヤ顔でスタジオの笑いを誘った。と、ここまで自信満々で語っていた野田だったが、実はその裏で揺れていたことも告白。「(ネタ披露順が)笑神籤(えみくじ)なんですよ」と、くじ運次第では作戦がハマらなかった可能性に言及。「トップバッターだったら吊り革やって、そのまま死のうと思ってました」と土壇場での討ち死にも視野に入れていたと語り、村上も「怒られる方に寄せたと思う」と同意。「大会もろともぶっ壊そうと……」「死ぬつもりで決勝の舞台に立っていた」と、熱い漫才師魂を見せていた。