中学教頭「出勤途中」に酒気帯び運転 単独横転事故で発覚「酒は飲んでいない」容疑否認

札幌・手稲区の国道で手稲西中学校の教頭の男が酒気帯び運転の疑いで逮捕されました。男は出勤途中だったと供述していて、容疑を否認しています。

酒気帯び運転の疑いで逮捕されたのは、札幌市立手稲西中学校の教頭・金澤武久容疑者(58)です。

金澤容疑者は18日午前6時半ごろ、札幌市手稲区手稲本町3条4丁目の国道5号で小樽方向に車を運転していたところ、道路上で横転する単独事故を起こしました。

警察が男の呼気を調べたところ、基準値の2倍以上のアルコールが検出されたため現行犯逮捕したということです。

警察によりますと金澤容疑者は「酒は飲んでいない」と容疑を否認しているということです。

1/18(月)「STVストレイトニュース」1/18(月)12:27更新この記事を動画で見る