ホンダ人気SUVを8年ぶり全面刷新! 新型「ヴェゼル」クーペSUVで登場!

写真拡大 (全2枚)

ついに新型ヴェゼル登場!クーペスタイルSUVで激戦SUV市場に参戦へ!

 ホンダは2021年1月18日に、新型「ヴェゼル」を特設サイトにて先行公開され、2月18日に世界初公開されることがアナウンスされました。
 
 現行モデルの登場から約8年ぶりのフルモデルチェンジとなりますが、新型ヴェゼルはどのような進化を遂げているのでしょうか。

2021年1月18日に先行公開された新型「ヴェゼル」。先行モデルよりもCピラーが寝ている!? クーペスタイルのSUVとなるか。

 ヴェゼルは、SUVの力強さ、クーペのパーソナル感 、ミニバンの使いやすさなど、ジャンルの枠を超えた価値を高次元で融合させた新世代ビークルとして2013年12月に発売されました。

【画像】これが新型ヴェゼル!? 大幅刷新され先行公開された写真を見る!(24枚)

 さまざまな場面で気持ちよく走行できる走りの楽しさ、圧倒的な広さと多彩なアレンジができる室内空間などが評価されています。

 日本市場においては、2014年、2015年、2016年、2019年と4度のSUV販売台数No.1を獲得しました。

 海外でも2014年に販売を開始して以来、現在では世界で約120の国と地域で販売され、ホンダのグローバルSUVのひとつとして、多くのユーザーから支持されているといいます。

 新型ヴェゼルは、2021年春の発表・発売を予定していますが、これに先駆け、2月18日にデザインの世界初公開となるワールドプレミアイベントをオンラインで開催します。

 今回、公開された画像はホンダのハイブリッド車の証となるe:HEVのエンブレムが装着されているものや、ディスプレイオーディオとスマホの連携、オーディオスピーカーなどの各部分です。

 そして、後方からガラスルーフ越しに室内が見える様子や、リアサイドビューも公開されており、とくにリアのCピラーは現行ヴェゼルよりも傾斜が強く寝ているように見え、クーペルックが強調されたデザインになると予想出来ます。

 また、2021年春の発売に先立ち、新プロジェクト「GOOD GROOVE_VEZEL」として、1月18日よりティザームービーが公開されました。

 このティザームービーでは、さまざまな国籍や年齢、バックボーンも持つ、各界の第一線で活躍する人々が登場。そのなかの一人として現行ヴェゼルを愛車に持つ布川敏和氏は次のようにコメントしています。

「ヴェゼルは5年半乗っていますが、今回のヴェゼルは全然違ったね。デザインはもちろん、すごく静か。すーって行き過ぎる感じ。加速もシューって速くて、足回りがすごく良かった。びっくりした。それで振動も全然ない。トータルで”スムーズ”っていう言葉が一番かな。スムーズに曲がるし、スムーズに発進もするし、お世辞抜きでいいクルマだなって思います。本当に欲しいなと思いました」

※ ※ ※

 なお、今後新型ヴェゼルに関する情報は、ティザームービーと同日に開設された特設サイトやヴェゼル専用公式Twitter&Instagramにて、順次公開される予定です。