ドナルド・トランプ米大統領(左、2020年7月29日撮影)とジョー・バイデン次期米大統領(2020年10月24日撮影)のコンボ写真(2021年1月15日作成)。(c)JIM WATSON and Angela Weiss / AFP

写真拡大

【AFP=時事】ジョー・バイデン(Joe Biden)氏が20日の就任式で宣誓し、第46代米国大統領に就任する頃、前任者のドナルド・トランプ(Donald Trump)氏は午前中にホワイトハウス(White House)をヘリで飛び立ち、すでにワシントンから遠く離れた場所にいる──米政府高官が15日、このように明らかにした。

 匿名を希望した政府高官によると、トランプ氏は、自身が所有するフロリダ州の高級リゾート施設「マーアーラゴ(Mar-a-Lago)」に向かう。マーアーラゴはトランプ氏の法定住所で、ホワイトハウスを出てから同氏はここに住む予定だ。

 退任する大統領が次期大統領の就任式を欠席するのは、トランプ氏で約150年ぶりとなる。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
米首都中心部封鎖、州兵2万人配備 トランプ氏支持者を警戒
米下院がトランプ氏を弾劾訴追 この先の展開は?
バイデン氏、ワクチン接種拠点 数千か所増設へ 連邦の役割拡大