16歳娘に乱暴の父親に再び実刑判決、無罪主張を退ける 福島地裁

ざっくり言うと

  • 当時16歳の娘に対する監護者性交罪に問われた父親の裁判
  • 福島地裁は15日、求刑通り1審と同じ懲役6年の判決を言い渡した
  • 事件の核心部分については1審の事実認定を踏襲し、無罪主張を退けた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x