年越し事件ファイル「全員、OUT!」(1)松本人志がボツにした「渡部建トイレ前コント」の収録現場

写真拡大

 結婚、離婚、スキャンダルは年末のドサクサ紛れにコソッと発表し、新年になれば素知らぬ顔でリセット。だが、その裏では「全員OUT!」な年越し事件が続発していた。天網恢々疎にして漏らさず。アサ芸が一挙に公開する。

 多目的トイレに女性を連れ込んでの不貞行為で世間の耳目を集め、「謹慎生活」を余儀なくされたアンジャッシュ・渡部建(48)。

 昨年6月の不倫発覚後は釈明の言葉もないままに完全雲隠れ、もはや越年の構えと思われた師走の3日、突如として謝罪会見を開いたが、これが火に油を注ぐ結果となった。ベテラン芸能レポーターが回想する。

「会見は、渡部の復帰舞台として、すでに収録済みだった『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)大みそか特番の放送前に、みそぎとして行ったもの。しかし、サプライズ出演こそが番組のキモであるため、渡部はみずから出演を明言することができなかったのです。そのため、ひたすら頭を下げ続けるだけの会見が1時間40分も続くことになった」

 これが新たな問題を引き起こす──。

「この番組は、10年連続でNHK紅白の裏番組では民放トップの視聴率を稼ぐ人気番組だけに、事前の収録に関しては一部取材記者を入れるものの、ここぞの大御所サプライズ出演の際には徹底非公開を貫いてきました。にもかかわらず、今回の渡部出演情報が漏れてしまったことで、松本人志(57)が『こんなずさんなことあるかい!』と大噴火したんです。制作会社から日本テレビの関係者まで、徹底してリーク犯捜しが行われる事態にまで発展した」(芸能レポーター)

 実は笑えないグダグダ会見の前から、松本は渡部を見切っていたという。会見直前、松本は自身のツイッターで〈オレと渡部の共演は当分無いと思うよ〜〉と投稿していたが、実際に渡部の出演シーンは放送されず。その中身を、日本テレビ関係者が明かす。

「渡部は冒頭のバスのシーンから登場している構成でした。最初のツカミが肝心だからです。いろんな芸能人が乗り込んでくる中、渡部はじっと座っているだけで、何も話さない」

 もちろん、これだけにとどまらず、後半にも登場。日本テレビ関係者が続ける。

「トイレコントのくだりがあったようです。スタジオ内のトイレの前に渡部が立ち、『行列のできる法律相談所』で共演した東野幸治(53)、フットボールアワー・後藤輝基(46)がその両脇で、トイレを題材にしたネタを展開。もちろん、あの『事件』を念頭に置いた、いじくりです。真ん中に挟まれた渡部は終始黙ったままで、ひと言も発しない。今回は渡部が出演すること自体に意味があったのであり、渡部自身がコントをやったところで、何をどうしゃべっても笑いにはならないでしょう。周りがオモチャにするしかないんですよ。だからあえて何もしゃべらせなかった。これが逆にシュールな笑いとなったみたいですが」

 出演者は笑ってしまい、「全員OUT!」のオチが。

 これぞ究極の「笑ってはいけない」だったが、先の「犯人捜し」について、

「松本は『信頼関係がなくなった』と怒り心頭で、一時は放送が見送りになる寸前の大騒動に。しかし6時間もの放送枠を埋めるコンテンツを用意することができず、浜田雅功(57)が諌める形で渡部の出演シーンを全カットし、放送することになった」(芸能レポーター)

 かくて幻のコントは、みごとにすれ違いの結果となった。