YouTuberの“大切なお知らせ”、本当かどうかの見極め方

写真拡大

お笑いコンビ・土佐兄弟と、男女2人組YouTuber・パパラピーズが、1月13日に放送されたバラエティ番組「あるある土佐カンパニー」(テレビ朝日系)に出演。“YouTubeあるある”のひとつ、「『大切なお知らせ』だいたい大切じゃない」について語った。

番組はこの日、“YouTubeあるある”をいくつか紹介していく中で、「『大切なお知らせ』だいたい大切じゃない」について、パパラピーズのタナカガは「一番あるあるだと思いましたね。YouTuber、ホンマにやるんですよ。『大切なお知らせ』ってホンマに大切じゃない」「『解散します』って解散してる人、見たことないですよ」と言い切り、パパラピーズ・じんじんも「再生回数稼ぎ」とバッサリ。

また、じんじんはそうした動画は「サムネ見て、コメント欄をすぐ見に行きますよね、本当かどうかを。コメントの内容でお知らせ度が分かる。僕は動画再生したら、コメント欄見ます」と、大切かどうかの見極め方を明かすと、タナカガも「動画再生して、挨拶してる最中にコメント欄見に行って、『あっウソかい…』ってなったら消す。すぐやめます」、土佐兄弟の弟・土佐有輝も「(動画を)飛ばして笑ってたら、大切じゃないんだろうなって。後半笑ってますやん…」と、それぞれの見極め方を語った。