攻めすぎ? 激アツ仕様のダイハツ「コペン」登場! シンボル捨てて得た強烈個性とは

写真拡大 (全2枚)

走る楽しさマシマシのコペンがお披露目

 ダイハツはオンライン開催となったバーチャルオートサロン2021に、5台のカスタマイズカーを出展しました。なかでも、軽オープンカーの「コペン」をよりスポーティに仕立てたことで注目されているのが、「コペン スパイダーVer.」です。

 コペンは、同社の軽乗用車で唯一MTの設定があるモデルとして知られていますが、コペン スパイダーVer.ではどのようなカスタムが施されたのでしょうか。

ダイハツ「コペン スパイダーVer.」

【画像】「コペンの象徴」捨ててよりスポーティに! 「コペン スパイダーVer.」を画像で見る(22枚)

 ダイハツは、これまでも東京オートサロンにコペンをベースとしたさまざまなカスタマイズカーを出展していますが、コペン スパイダーVer.ではコペンの象徴といえる電動アクティブトップを取り去り、フロントウインドウ部分には1/3程度の大きさのスクリーンを設置。

 常時オープン走行を可能とし、爽快なドライブを楽しむことができます。ちなみに、フロントスクリーンの採用によりルームミラーはインパネ上へ移動しています。

 フロントグリルやドアハンドルなどはブラックアウトされ、スポーティテイストを演出。

 内装も、トップマークが刻印されたステアリングやD-SPORT製フルバケットシートなどが採用され、ダイハツを代表するスポーティモデルにふさわしいカスタムとなっています。

 2021年に、2代目となる現行コペンは発売8年目を迎えますが、カスタムの楽しみはまだまだ留まるところを知りません。

 それではここでクイズです。

 オープンカーを表現する名称として、コペン スパイダーVer.にも含まれる「スパイダー」や「ロードスター」がありますが、ほかにも呼び方があります。次のうち、オープンカーを表現する名称として適切でないものはどれでしょうか。

【1】コンバーチブル

【2】カブリオレ

【3】アバント

※ ※ ※

 正解は【3】の「アバント」です。

 コンバーチブルやカブリオレという表現が用いられている現行モデルのオープンカーとしては、レクサス「LCコンバーチブル」やBMW「8シリーズカブリオレ」があります。

 一方アバントはアウディのステーションワゴンに用いられる名称です。

※クイズの出典元:くるまマイスター検定