お湯を注いで数分待つだけで、あっという間に完成。カップ麺は、忙しい時や疲れた時の救世主ですよね。スーパーやコンビニには様々なカップ麺が並んでいますが、ガッツリ系が好きなら、東洋水産の「本気盛」がおすすめです。

「本気盛」の新商品はスタミナ旨辛醤油

東洋水産といえば、「赤いきつねうどん」や「緑のたぬき天そば」などの商品でおなじみですが、最近じわり知名度を上げてきているのが、「本気盛」というシリーズ。昨年8月発売の「マルちゃん 本気盛 スタミナ旨辛豚骨」や同年11月発売の「マルちゃん 本気盛 海鮮チゲ味」など、ママテナでも何度か紹介してきました。

その新作として、2021年1月11日(月)に全国で発売されたのが、「マルちゃん 本気盛 スタミナ旨辛醤油」(希望小売価格:税別220円)です。

「本気盛」は、ボリュームのある大盛り麺と濃い系のスープ、ガッツリ系の具材が特徴の縦型ビッグカップブランド。今回発売された「マルちゃん 本気盛 スタミナ旨辛醤油」は、食べごたえ重視の太麺に、ポークの旨味をベースににんにくのパンチと唐辛子の辛味をきかせたスープが特徴で、キャベツや味付鶏挽肉、にらなどの具材を加えることで満足度の高い一品に仕上げたとか。

「辛い!」のあとに「旨い!」

お湯を入れて待つこと数分。後入れの特製油をかけて、完成したのがこちらです。

にらやにんにくが入っているのでもっとニオイが強烈かと思いましたが、意外とそうでもなく、食欲が刺激されます。

麺はつるんと喉ごしがよく、太くて、もちっとして食べごたえがあります。麺本来の自然な甘さもあり、ピリ辛のスープとの相性も抜群です。そしてスープはピリッと辛いだけでなく、コクのある深い味わい。辛さのあとに旨味が追いかけてきて、まさに“旨辛”ですよ。

辛すぎず、旨味もしっかり味わえるので、心地よい辛味がクセになる1杯。一度食べたら、きっとハマるはず!?(文・奈古善晴/オルメカ)