今後はチームのコーチを務める前田遼一

写真拡大

 J3岐阜は14日、元日本代表FW前田遼一(39)の現役引退を発表した。今後は古巣のJ2磐田で下部組織(U―18)チームのコーチを務めることが磐田から発表された。

 前田は岐阜と磐田のクラブ公式サイトを通じ「僕にプレーする機会を与えてくれたジュビロ磐田、FC東京、FC岐阜に関わる全ての皆さん、そして21年間僕を支え、応援してくれたすべてのファン、サポーターの皆さん。皆さんのおかげで本当に幸せなサッカー人生でした!本当にどうもうありがとうございました!ゼロからのスタートになりますが、指導者としてこれから頑張っていきたいと思いますので、これからもよろしくお願いします」とコメントした。

 前田は東京・暁星高から当時J1の磐田に加入し、2009、10年と2年連続で得点王。J1歴代5位の通算154点を挙げた。代表では33試合で10得点。FC東京を経て19年に当時J2の岐阜へ移籍。昨季はJ3で25試合に出場し、1得点で、昨年12月に退団することが発表されていた。