石川(右)に左ストレートを見舞う松本(撮影・島崎忠彦)

写真拡大

 プロボクシングの第75回フェニックスバトルは14日、東京・後楽園ホールで行われ、大橋ジムの期待の新人2選手が2戦連続のKO勝利を飾った。第1試合のスーパーフライ級6回戦ではアマチュア8冠でプロ2戦目の中垣龍汰朗(21=大橋)が興法裕二(27=新日本木村)に4回2分26秒KO勝ち、2021年の最初の勝利を飾った。

 プロ15戦のキャリアを持つサウスポーの興法に対し、序盤からプレスをかけたながら前半は攻めあぐんだ中垣だが、4回に距離を縮め、最後は強烈な右ボディーで興法を沈め、デビューから2戦連続KO勝ち。「2021年、一発目のプロボクシングの試合で勝てて良かった。今年、何試合できるか分からないけど、必ず勝って2年で世界王者になるという目標を実現できるように頑張りたい」と話した。

 第2試合の58キロ契約6回戦ではフジテレビ「ミライ☆モンスター」で何度も紹介されている松本圭佑(20=大橋)がベジータ石川(34=折尾)に1回2分26秒TKO勝ちで続いた。いきなり石川の左を被弾してぐらつくいたものの、コンパクトな右でダウンを奪うと、そこから一気にコーナに詰め、2度目のダウンを奪うとレフェリーが試合を止めた。

 初回にダウンを奪われた8月のデビュー戦に同様にヒヤリとしながらも逆転KO勝ち。父の好二トレーナーとともに世界を目指す松本は「もっと力をつけ、父にて安心してセコンドについてもらえるようにしたい」と反省していた。