「エボリューション」Tシャツでつながる?諏訪魔(左)と藤本つかさ

写真拡大

 全日本プロレスの猖汁男瓩海反柬魔(44)が、アイスリボンの藤本つかさ(37)に弁明した。

 諏訪魔と石川修司(45)は女子部門「エボリューションガールズ(エボ女子)」を立ち上げ、藤本をアドバイザーに迎えた。ところが2日に世界タッグ王座から陥落した諏訪魔&石川は「暴走大巨人」の解散を発表。エボ女子の行方は不透明となり、解散は寝耳に水だった藤本が「私はどうなるんですか!?」と大激怒する事態に至った(当サイト既報)。

 諏訪魔は「あんだけ怒られて夜も眠れなかったよ…。しかし、女はヒステリックになると怖いな。まさか藤本つかさが暴走するとは思わなかった…」と吐露するや「ちゃんと説明しなくて申し訳なかったけど、エボ女子は大丈夫。石川選手も引き続き協力してくれるし、ちゃんと動いているから。このまま安心してアドバイザーを続けてほしい」と語った。

 エボ女子は昨年末でいったん女子選手の募集を締め切ったが「おかげさまで、もう候補は何人かいるよ。これから選考しないといけない状況だね。いつでもウエルカムだから、これからもドンドン来てほしい」と説明。柔道の実力者や元女子プロ団体の練習生らが候補にいるという。早ければ来月中にはオーディションを開催する予定だ。

 また、3冠ヘビー級王者である諏訪魔は24日の東京・後楽園ホール大会で芦野祥太郎(31)とのV5戦を控え、藤本も23日のアイスリボン後楽園大会でICE×∞王者の鈴季すず(18)に挑戦する。

 諏訪魔は「若い選手とタイトル戦をやる状況は同じだな。おい藤本、負けんじゃねえぞ! アドバイザーがチャンピンだったらハクがつくし」とエール。本格始動したエボ女子の行方に注目だ。