論告求刑公判に出廷した野村被告(中央)と田上被告(右端)=福岡地裁

写真拡大

 四つの市民襲撃事件で殺人罪などに問われた特定危険指定暴力団・工藤会(北九州市)の最高幹部2人に対する論告求刑公判が14日、福岡地裁であった。

 検察側はトップで総裁の野村悟被告(74)に対し、死刑を求刑した。指定暴力団トップへの死刑求刑は極めて異例。ナンバー2で会長の田上不美夫被告(64)に対しては無期懲役、罰金2千万円を求刑した。

 両被告は罪状認否や被告人質問で、4事件への指示や関与をすべて否定した。

 一方で検察側は、被害者が関わる利権に工藤会が強い関心を示していたことや、野村被告と被害者との間にトラブルがあったことなどから襲撃の動機があったと主張。4事件は工藤会による組織的な犯罪で、最高幹部の指示や了承なしに事件は起こり得なかったと判断した。