7府県への緊急事態宣言追加発令について、記者会見する菅義偉首相=13日、首相官邸

写真拡大 (全2枚)

 菅義偉首相が13日の記者会見で新型コロナウイルス感染の問題に絡み、国民皆保険制度の見直しに言及したとも受け取れる発言をしたことがインターネット交流サイト(SNS)で波紋を広げている。

 加藤勝信官房長官は14日の会見で国民皆保険の見直しを明確に否定、火消しに躍起となった。

 問題となったのは、テレビ中継された首相の会見発言。医療提供体制の逼迫(ひっぱく)を改善する法改正の在り方について質問が飛ぶと、首相は「国民皆保険を続けていく中で今回のコロナがあり、もう一度検証していく必要がある。必要であれば改正するのは当然のことだ」と答えた。

 これについてSNS上では、首相が国民皆保険制度の見直しに言及したと受け取る向きもあり、「耳を疑った」「絶対になくしてはいけない」といった声が相次いだ。

 加藤氏は会見で「国民皆保険制度を維持し(新型コロナへの)対応力を高めていくという考え方は一貫している」と説明。政府高官は「手元の資料を読むだけでなく、政治家だから言葉を加えることもある」と首相をかばった。