金沢、トップチーム選手2名が新型コロナ陽性

写真拡大

 ツエーゲン金沢は14日、トップチーム2選手から新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたことを発表した。11日に行われた全選手・スタッフを対象に実施したPCR検査の結果、判明した。

 発表によると、2選手とも発熱などの症状はなく、金沢市内の病院で入院・経過観察をする予定。また、管轄保健所による濃厚接触者の特定の結果、クラブ関係者5人が濃厚接触者に該当するという判定を受けたという。今後は管轄保健所の指導に沿って対応していくとしている。

 また、8日に発表された新型コロナ陽性者について、管轄保健所による濃厚接触者の特定の結果、クラブ関係者2人が該当するという判定を受けていたこともあわせて発表した。なお、特定された2人はPCR検査の結果、陰性と判定された。

 クラブは、公式サイト上で「クラブとしまして、選手・スタッフ・関係者全員に再度感染症防止策の周知、徹底をはかり、プライベートも含め今一度気を引き締めて、新型コロナウイルス感染症対策を実施してまいります」とコメントした。