(C)NEW ZEALAND TRUST CORPORATION AS TRUSTEE FOR ELAROF CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION TRADEMARK FATHER LIMITED F COMME FILM CINÉ-@ ORANGE STUDIO 2020

写真拡大

名優アンソニー・ホプキンスの役者人生集大成


名優アンソニー・ホプキンスが主演し、役者人生の集大成とも囁かれる『ファーザー』が、5月に公開されることが決定した。
・名優アンソニー・ホプキンスの映画を見放題! まずは無料でお試し
・アンソニー・ホプキンス、今度は予知能力で難事件に挑む博士役に!
本作は、世界30ヵ国以上で上演された傑作舞台の映画化。昨年12月31日に83歳を迎えた名優アンソニー・ホプキンスが、自身と同名、同年齢、同誕生日の認知症の父親を演じている。監督が当て書きしたというこの役に、アンソニーは「自分の父をそのまま演じた」と語る。
その演技は、2020年サンダンス映画祭で初お披露目されるや、「圧倒的実力で早くも2021年の賞レースに躍り出た。彼を凌駕する俳優はいないだろう」(THE GUARDIAN)、「彼の代表作の1つとして歴史に残るだろう」(THE HOLLYWOOD REPORTER)と賞賛され、映画批評サイト「ロッテントマト」でも100%の満足度を記録(1月12日時点)。早くも多数のメディアがホプキンスをアカデミー賞主演男優賞の大本命として太鼓判を押している。
アカデミー賞前哨戦となる賞レースでは、ボストン映画批評家協会賞、フロリダ映画批評家協会賞でアンソニー・ホプキンスが主演男優賞を受賞したほか、4つの受賞、41のノミネートを果たしている。
アンソニーのオスカー受賞が実現すれば、過去5回のノミネートを誇るアカデミー賞で 『羊たちの沈黙』(91年)のレクター博士役以来、30年振りの受賞となる。また、父を介護する娘を繊細に演じたオスカー女優オリヴィア・コールマン(『女王陛下のお気に入り』)の演技も高く評価され、こちらもアカデミー賞助演女優賞が有力視されている。

現代屈指のフランス人劇作家が自作を監督


本作は、誰にとっても他人事ではない老いることへの不安や、逃れることのできない親子の愛情を描いた感動作だ。
年齢と共に誰もが経験する喪失と親子の愛を、記憶や時間が混迷していく父の視点で描く。これまでにない画期的な映画体験は、迷宮に足を踏み入れていくような戸惑いと、愛する家族が自身を忘れてしまう切なさ、人間味から滲み出るユーモアなど、様々な感情を重層的に呼び起こしながら、最後には観客を思わぬ感動へと導いていく。
この物語を手がけたのは、ロンドンのタイムズ紙が「現代において最も心躍る劇作家」と謳うフランス人フロリアン・ゼレール。舞台での上演は、フランス演劇界最高位のモリエール賞で脚本賞を受賞し、パリ、ロンドン、ニューヨークなど世界30カ国以上で行われた。日本でも2019年に「Le Père 父」のタイトルで、橋爪功と若村麻由美により上演され、大きな話題となった。
今回の映画化にあたっては、ゼレール自身が長編初監督作としてメガホンをとり、アカデミー賞受賞歴を持つ脚本家クリストファー・ハンプトン(アカデミー賞脚色賞受賞『危険な関係』)が共同脚本を務めている。
【関連記事】
『女王陛下のお気に入り』ヨルゴス・ランティモス監督インタビュー オスカー最有力! 王室を舞台に人間の複雑さ描いた鬼才を直撃
お正月はアンソニー・ホプキンスの未公開映画や、友情の物語を堪能しよう!
アンソニー・ホプキンス、今度は予知能力で難事件に挑む博士役に!
『エレファント・マン』が4K版で7月公開