関西3府県きょうから“緊急事態”「ピンとこない」

写真拡大

 大阪・兵庫・京都の3府県では、14日から緊急事態宣言の期間に入りました。全府県民に対し、不要不急の外出自粛が呼び掛けられています。

 緊急事態宣言では、大阪・兵庫・京都の3府県でそれぞれ全府県民に対し、通院や生活必需品の買い物などを除く不要不急の外出は自粛が呼び掛けられ、とりわけ午後8時以降の外出は自粛を徹底するよう求めています。

 期間は14日から来月7日までになります。

 街の人:「(Q.職場には普通通り?)通常通り出てます。1回目の時は電車の中も緊急事態宣言出た後、すぐに減ったが、あまり変わらないですね、今回は」「昼間はお店も普通に開いてるので、昼間の自粛と言われても、なかなかピンとこないなというのが正直なところ」「結構、中途半端というか、各々の判断に任せるという感じがする」

 大阪府で13日、重症者の数が172人と過去最多に上り、すぐに使用できる軽症や中等症用の病床の運用率は73%に達していて、医療現場の逼迫(ひっぱく)は各地で厳しさを増しています。