赤西仁

写真拡大

 嵐の二宮和也(37)の爐めでた報道瓩任覆爾、元KAT−TUN赤西仁(36)が注目を集めている。

 13日に「NEWSポストセブン」が二宮の妻Aさんが現在妊娠中で、今春にも出産予定であると伝えた。すると、そのタイミングで赤西が自身のツイッターを更新。「だから結果ファンと仁とのEternalなんだよ結局は」とつぶやいた。

 一体何のことを言っているのかサッパリだが、赤西ファンの間で「Eternal構文」と呼ばれるこの文言はつとに有名。赤西が女優の黒木メイサと2012年に結婚した際、1人の赤西ファンが某巨大掲示板に書きこんだ文章が元になっている。以下、全文。

「デビュー前からのファンだけど別に発狂してないよ。もともと『結婚したい』『子供が欲しい』ってよく言ってたし、仁に振り回されるのは馴れてるし。こんな奴だけど好きなんだからしょうがない」

「型に嵌らないのが仁だしね。プライベートはメイサが支えればいい。私達は仁の音楽=魂を支えるから。その魂は私から子供へ、子供から孫へと受け継がれていくし、そうやっていつか仁のDNAと混ざり合うから。それがファンと仁とのEternalだし」

 Eternal=永遠で、これは赤西が11年に発売したソロ転身後のファーストシングルのタイトルでもある。

 伝説の書き込みとなった「Eternal構文」はその後、ファンやネット民の間で広く使われるようになったが、今回、赤西自身が引用したことでファンは「知ってたんだ!」「これはヤバイ」「仁公認いただきました!」と歓喜している。

 加えて投稿のタイミングと内容からして、二宮への間接的な祝福の言葉ではないかと臆測を呼んでいる。