川島明(麒麟)

写真拡大 (全4枚)

 後継番組のキャストまで報道されて、いよいよ「グッとラック!」(TBS)の打ち切りも確定のようだ。19年9月にスタートして、わずか1年半での終了である。これがいかに異例のことか、そのウラで何が起きていたのか。
 
 ***

 デイリー新潮では「『グッとラック!』打ち切り報道は本当か 業界の常識から考えてあり得ない2つの根拠」(20年12月10日配信)で、常識的には同番組の打ち切りはありえないという声を紹介した。民放ディレクターも言う。

「確かに通常なら考えられません。朝の帯番組は“3年は続けないと、視聴習慣がつかない”と言われています。しかも10月改編で、ロンブー田村淳をメインコメンテーターに加えてリニューアルしたばかり。にもかかわらず、番組が終了するのは異例中の異例です」

川島明(麒麟)

 ならば、なぜ「グッとラック!」は終わるのだろう。

きっかけは小林麻耶アナだが

「報じられている通り、直接のきっかけは11月に勃発した小林麻耶アナの“イジメ”降板騒動です。11月12日、彼女がレギュラーを務める放送当日の朝、自身のYouTubeチャンネルで、番組スタッフからイジメを受けていたことを告白し、番組を降板させられたと所属事務所社長や番組チーフプロデューサーを名指しで非難したのです。もちろんイジメなどありませんし、所属事務所も“正常なマネジメント業務ができなくなった”として彼女の契約解除を発表したのです」

立川志らく

 YouTubeを見れば、かつての小林アナでないことは明らかだ。とはいえ、番組を終わらせるほどのことでもないような気もするが……。

「TBS社内は騒然としたそうです。小林アナは元TBS社員であり、いわば内部告発のような形となった。さらに、名指しされたチーフプロデューサーは、小林アナが局アナ時代から一番の理解者であり、彼女のレギュラーコーナーも10月改編のリニューアルの一つでした。いわば彼女にとって恩人と見られていた人だったわけです。TBS上層部からは『チーフプロデューサーは何をしているんだ! 小林をコントロールすることもできないのか!』という声が上がったそうです」

 番組をリニューアルして視聴率が上がるどころか、他局や新聞雑誌にワイドショー的なネタを提供することになってしまったのだ。

田村淳(ロンドンブーツ1号2号)

ロンブー淳が拒んだわけ

 後継番組では、お笑いコンビ麒麟の声がいい方・川島明がMCになると「週刊文春」が報じている。

「そもそも『グッとラック!』のリニューアルでロンブー淳を起用したのは、好感度が高く、朝の帯番組のメインターゲットである主婦層への受けがいいからです。ですから、彼をMCにして番組をリニューアルするという案も出たようです。しかし、彼は立川志らくを降ろした後に、自身がMCに昇格して続投することには首を縦に振らなかったといいます」

 確かにやりにくいかもしれない。だからといって、すんなり話は終わらなかった。

加藤浩次

「淳が所属する吉本興業が激怒したんです。超多忙な売れっ子芸人で、文化人でもある淳のスケジュールをようやく調整して、帯番組に出演させたわけですからね。10月からわずか6カ月で番組終了では納得できないでしょう。吉本が怒るのも当然でしょう」

 その結果、麒麟・川島のMC抜擢が決まったというのである。

「つまり、TBSが川島に白羽の矢を立てたというより、吉本に配慮して所属タレントの中から選んだということです。サブにはタレントのSHELLYを起用し、キャストを新たにした番組になります」

 だが、そこで心中穏やかでないと言われているのが、加藤浩次だという。

「加藤は裏番組『スッキリ』(日本テレビ)のMCです。元々は吉本の所属タレントでしたが、闇営業問題では、彼は番組内で“今の体制が続くなら吉本興業を辞める”とまで言って会社を非難しました。加藤の乱と呼ばれましたが、その後、吉本とは専属エージェント契約を結ぶことで、純粋な所属タレントではなくなりました。裏番組で吉本所属の川島MCの番組が始まるとあっては、吉本からケンカを売られているようなものじゃないですか」

 第二次加藤の乱勃発か?

「そもそもロンブー淳が新番組のMCを断った理由の一つは、先輩である加藤の裏番組だからと言われています。しかし若手の川島には、断る理由などありません。一方『スッキリ』は、サブ司会の近藤春菜が3月で卒業すると発表しました。彼女も加藤同様エージェント契約なのですが、川島の新番組を成功させるために降ろされた、なんていう声も上がっています」

 ちなみに、1月7日に放送された「ダウンタウンDX」(日本テレビ・読売テレビ制作)では、“最強運ランキングSP”と題して、今年1年を星座と血液型の組み合わせで全48位のランキングを発表した。

 それによると、第1位は【水瓶座AB】で、芸人で該当するのはなんと川島。〈あなたの個性と魅力が大爆発 どこにいっても主役の年 多忙を極めるが 仕事もプライベートも自由自在〉なんだとか。

 蛇足ながら、この占いに以下の人を当てはめると。

立川志らく【獅子座O】:42位〈調子に乗った言動で色んな人に怒られる1年 新たな挑戦は空振り!〉

小林麻耶【蟹座A】:43位〈他人の言動に悩まされる1年 金運もDOWN 大きな出費に悩まされそう〉

加藤浩次【牡牛座O】:8位〈恋愛も仕事もチャンス到来の年!難しい事もためらわずに挑戦する事で 良い結果が必ず付いてきます!〉

週刊新潮WEB取材班

2021年1月14日 掲載