福島市役所=荒川基従撮影

写真拡大

 福島市は12日、トラブルとなった近隣住民の勤務先へ苦情のメールを送信したり、上司や他の職員に暴言を吐いたりしたとして、50代の男性職員を停職1カ月の懲戒処分とした。処分は12日付。

<16歳で娼婦に>朝から未明まで…味わった地獄

 市によると、男性は2020年10月中旬、自宅近くの住民とトラブルになり、勤務中に相手の勤務先へ苦情メールを送ったり、電話をかけて対応した事務員に「会社に殴り込むぞ」など暴力的な発言をしたりした。市は、同月下旬に相手から相談があって初めて把握。11月下旬に男性へ聞き取りを行い、男性が送ったメールや電話の録音などを提示したが、「自分はやっていない。家族がやったことだ」などと否認している。

 また男性は、他の職員に放火や傷害をほのめかす暴言を吐いたり、休日や深夜に上司へ電話をかけ、脅迫するような発言をしたりしていた。【磯貝映奈】