オンライン会見でスターツとの所属契約を発表した西村優菜(提供写真)

写真拡大

 女子ゴルフの「ミレニアム世代」の一人、西村優菜(20)が13日、オンライン会見を開き、3月1日からスターツコーポレーション株式会社と所属契約を締結したと発表した。

 同社は高山忠洋、松森彩夏、浅井咲希らゴルファーだけでなく、卓球女子五輪代表の伊藤美誠の競技活動もサポート。既に世界を舞台に活躍する同学年の伊藤と同じ所属となることに「本当にありがたく、自分の中ですごく高いモチベーションとなっています」と前向きに語った。

 ルーキーイヤーの2020年、樋口久子・三菱電機レディースでツアー初優勝。21年については「複数回優勝することと、賞金ランキングトップ5を目標に頑張っていきたい」とさらなる飛躍を誓った。