ナンシー・ペロシ米下院議長(左)とドナルド・トランプ米大統領(2019年9月24日作成)。(c)Mandel NGAN and SAUL LOEB / AFP

写真拡大

【AFP=時事】(更新)米下院は13日、ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領を弾劾訴追する決議案を可決した。トランプ氏はこれにより、退任7日前にして、史上初めて2度にわたり弾劾訴追された米大統領となった。

 採決では民主・共和両党の計232議員が賛成票を投じた。共和党からは10議員が賛成に回った。

 決議案は、先週起きた議会襲撃事件をめぐりトランプ氏を「反乱の扇動」で訴追する内容。トランプ氏は今後、上院で弾劾裁判にかけられるが、裁判の開始は今月20日のジョー・バイデン(Joe Biden)次期大統領就任後となる見通しだ。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
トランプ氏が声明 暴力反対と平静呼び掛け
米連邦政府、約70年ぶりに女性の死刑執行
トランプ大統領の弾劾裁判が残したもの、覚えておきたい4つのポイント