「鬼滅の刃」止めた「銀魂」作者が“お詫び”

写真拡大

映画「銀魂 THE FINAL」が、12週間首位を走り続けた「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」を制して、興収&動員で1位を記録したことを受け、作者の空知英秋が“お詫び”コメントを発表した。

公開前から“掟破り”な入場者プレゼントの数々でも注目されている「銀魂 THE FINAL」。第1週目で配布され、第5週目でも再配布が予定されている「炭治郎&柱イラストカード」について、空知は「あの史上最低の便乗商法も、鬼を倒すために鬼の角から鬼殺しの刃を作ったという、カッコよさげな言い方をしてくれると幸いです」とし、「銀魂らしく走り切る事ができたのは、それを笑って許してくださった、時に一緒にふざけてくださった、鬼滅を始めとした数々の素敵な作品のおかげです。ここに感謝とお詫び申し上げます」と、改めて「鬼滅の刃」だけでなく、これまで数多く銀魂が触れてきた作品たちへの感謝をあらわした。

また、ここまで大ヒットを盛り上げてくれたファンに対しても「炎上覚悟の特典でしたが、15年銀魂を見てきた皆さんならツッコんでくれると思ってました。最後まで皆さんと一緒にバカ騒ぎできて楽しかったです。本当にありがとうございました」としながらも、最後には「週明けあっさり首位から陥落した際は、最後のツッコミお願いします」とまさに銀魂らしい締めくくりのコメントとなっている。

☆空知英秋のコメント

皆様の応援のおかげで「銀魂 THE FINAL」あの無限列車を止め、首位を取ることができました。ありがとうございました。
止めたというか、僕もあの列車乗ってたんですけどね、先頭車両で全裸になって誰より浮かれ騒いでたら、非常停止ボタン押されただけなんですが、ものはいいようです。あの史上最低の便乗商法も、鬼を倒すために鬼の角から鬼殺しの刃を作ったという、カッコよさげな言い方をしてくれると幸いです。
もうすぐ再び列車は走り出し、変態はホームに置いていかれると思うので、1位のうちに言っておきます。元々銀魂は大河ドラマに便乗して始まった漫画ですが、最後の最後まで他人の神輿の上で大騒ぎし、バカで軽薄なまま、銀魂らしく走り切る事ができたのは、それを笑って許してくださった、時に一緒にふざけてくださった、鬼滅を始めとした数々の素敵な作品のおかげです。ここに感謝とお詫び申し上げます。そして、炎上覚悟の特典でしたが、15年銀魂を見てきた皆さんならツッコんでくれると思ってました。最後まで皆さんと一緒にバカ騒ぎできて楽しかったです。本当にありがとうございました。週明けあっさり首位から陥落した際は、最後のツッコミお願いします。