高安

写真拡大

 大相撲初場所4日目(13日、東京・両国国技館)、小結高安(30=田子ノ浦)は関脇照ノ富士(29=伊勢ヶ浜)にはたき込みで勝って2勝2敗と星を五分に戻した。

 元大関同士の対戦だが、過去の対戦成績は10勝7敗と合い口のいい相手。立ち合いからハズにあてがって先手を取り、組ませない内容で白星をつかんだ。「最後、引いちゃったんでそれは反省だけど、相撲の組み立て方は良かった。いい緊張感でしっかり自分のやりたいことができた」と振り返った。

 場所前は十分に稽古を積み「順調にこれた」と自信を持って臨んだ本場所だったが、2連敗スタート。それでも気持ちを切らさずに立て直した。「一日一日、力強い相撲を取りたい」と逆襲に向けて表情を引き締めた。