大宮アルディージャVENTUSがINAC神戸から鮫島ら3選手を獲得…大学や高校から5選手の加入も決定

写真拡大

 大宮アルディージャVENTUSは13日、INAC神戸レオネッサからDF鮫島彩、MF仲田歩夢、GKスタンボー華を完全移籍で、獲得したことをクラブ公式サイトで発表した。

 鮫島は、常盤木学園高校を卒業後、東京電力マリーゼへと入団。ボストン・ブレイカーズ(アメリカ) やモンペリエHSC(フランス) など海外でもプレーし、ベガルタ仙台レディースを経て2015年にINAC神戸に加入した。また、日本女子代表としても戦い2011年のFIFA女子ワールドカップでは優勝を経験した。

 大宮のクラブ公式サイトで、鮫島は次のようにコメントしている。

「このたび、大宮アルディージャVENTUSに加入することになりました、鮫島彩です。ゼロから作り上げるチームにスタートから携わらせていただけること、大変光栄に思っております。大宮の皆さんに応援していただけるチームを、そして女子サッカー界を盛り上げていけるチームを、新たな仲間とともに作り上げていけたらと思っております。クラブに貢献できるよう全力を尽くしていきますので、どうぞよろしくお願いします」

 また、仲田は、常盤木学園高校で全国高校女子サッカー選手権を2度制覇。卒業後、2012年からINAC神戸でプレーしている同選手は「2021シーズンより大宮アルディージャVENTUSでプレーすることになりました、仲田歩夢です。強い覚悟を持ち、チャレンジする気持ちで大宮への移籍を決めました。新しい環境でプレーすることをとても楽しみにしています。個人としてもチームとしても、たくさんの方々に愛され、『応援したい!』と思っていただけるように頑張ります。よろしくお願いいたします」とコメントした。

スタンボー華は、2011年にJFAアカデミー福島に入り、U−16、U−19の日本女子代表候補にも選出された。2017年からINAC神戸でプレーするスタンボー華は「このたび、大宮アルディージャVENTUSに加入することになりました、スタンボー華です。新しい場所でチャレンジできることを本当にうれしく思います。大宮の力になれるように全力でプレーしていきます! よろしくお願いします!」と意気込んだ。さらに、2021年9月に開幕するWEリーグ(女子プロサッカーリーグ)への参入が決まり、2月下旬からのチーム始動を前に同クラブはMF村上真帆(早稲田大)、MF源間葉月(十文字学園女子大)、DF久保真理子(東洋大)、GK今村南海(武蔵丘短期大)、DF杉澤海星(十文字高)の加入も併せて発表した。