<東洋太平洋バンタム級タイトルマッチ12回戦>前日計量をクリアした王者・栗原慶太(左)と挑戦者の井上拓真(大橋ジム提供)

写真拡大

 プロボクシング東洋太平洋バンタム級タイトルマッチ12回戦(14日、後楽園ホール)の前日計量が13日、東京都文京区の日本ボクシングコミッション事務局で行われ、王者・栗原慶太(28=一力)はリミットを100グラム下回る53.4キロ、挑戦者で元WBC世界同級暫定王者の井上拓真(25=大橋)はリミットの53.5キロでクリアした。

 栗原にとっては2度目の防衛戦だが、挑戦者の井上拓は暫定とは言え元世界王者。計量後にリモートで取材に応じた栗原は「実力があるのは分かっていますし、実績という部分でも暫定(王座)を獲る前から強い選手に勝ってきているのでリスペクトしている」と相手を称え、「防衛の意識ははなく、完全に挑戦者の気持ち。格上のに僕がどこまで通用するのか楽しみ」と気負うことなく話した。

 もちろん負けるつもりはない。コロナ禍でスパーリング数は通常よりは減ったものの、日本スーパーバンタム級1位の古橋岳也(川崎新田)や日本バンタム級ユース王者の石井渡士也(REBOOT.IBA)らと内容の濃い練習を重ねた。試合から1年2カ月遠ざかっていることにも「もともとブランクが気になるタイプじゃないし、この1年はスキルの強化に充実した練習ができた」と手応えを感じている。

 IBF4位と世界ランキングにも名を連ねており、井上拓戦の先には世界初挑戦も見据えている。「勝つ準備をしてきたので勝つつもりです。気持ちも体も余裕があり、万全の仕上がりなので、あとは試合を楽しむだけ」と静かに闘志を燃やしていた。