井上拓真

写真拡大

 ボクシングの東洋太平洋バンタム級タイトルマッチ(14日、後楽園ホール)の前日計量が13日に行われ、王者の栗原慶太(28=一力)は100グラムアンダー。挑戦者で元WBC世界バンタム級暫定王者の井上拓真(25=大橋)はリミットの53・5キロでともに一発でパスした。

 2019年11月にWBC世界同級正規王者、ノルディーヌ・ウバーリ(34=フランス)との王座統一戦に敗れて以来の試合となる拓真は計量後のオンライン取材で「やっと試合ができる喜び。久々のワクワク感。早くしたい」と話した。

 今回に向けては兄でWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者の尚弥(27=大橋)や3階級王者の田中恒成(25=畑中)といった豪華メンバーとスパーリングを敢行。その成果を発揮して「自分のやりたいボクシングを貫き通していきたい」と意気込みを語る。

 現在バンタム級でWBCは7位、WBOでは6位にランクされる。

 今回は挑戦者の立場だが「この試合は世界への通過点」(拓真)。

 元世界王者とはいえ、「暫定」のただし書きが付く。正真正銘の世界王者となるために、ここでつまずくわけにはいかない。